スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

北朝鮮に負けました…

ここのところ、ここのブログのことではないのですが、ネットで精神的にテンションが上がらなくて、こちらのほうのブログは書けませんでした。
なので、ここには久々の登場です。
巻選手や駒野選手の代表入りを歓迎したかったのですが、話題にするにはあまりにも遅すぎますね…。


日本代表は完全アウェイの罰ゲーム、もとい、東アジア選手権がはじまりましたね。

私はまだ見ていないので、試合の感想は書きませんが、結果のみ見ていると、残念ですね。

でも、新しく入った選手には経験の場なので、積極的に使ってほしいと思います。

それでは…。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

スポンサーサイト

2005.07.31 | Comments(2) | Trackback(2) | サッカー

マリノスの対応にジーコ激怒

私は久保選手を評価はしていますが、無理して出すほどではないと思っています。
しかし、ジーコさんは久保をどうしても呼びたかったみたいですね。

ジーコ監督、「久保辞退」に怒り爆発 横浜Mを痛烈批判「自分勝手」
東アジア選手権(31日開幕・韓国)に出場する日本代表の合宿が25日、千葉県内で始まり26、27日に親善試合を控える磐田、神戸勢6人と名古屋GK楢崎をのぞく15人が集合した。その一方で、ジーコ監督(52)の不満がついに爆発。腰痛を理由にまたも招集辞退となった横浜F・マリノスFW久保竜彦(29)に関し、横浜Mを「われわれは国のために戦っているのに、向こうは自分たちのためだけにやっている」と痛烈批判した。

 練習後に「久保」の名前を聞いた瞬間、穏やかだったジーコ監督の顔から笑みが消えた。

 「久保? 何より残念だ。自分は私利私欲でやっているわけではない。国のためにやっているのに、向こうは(横浜Mは)自分たちのためだけを考えてやっているように思える」。ジーコ監督は横浜Mに対する不信感をあらわにした。

 久保は昨年5月に痛めた右ひざ痛と腰痛のため、昨年10月3日の柏戦出場を最後に、ことし5月15日の浦和戦に出場するまで、リーグ戦を約10カ月間欠場。その後は一進一退ながらも徐々に回復傾向を示していた。久保に期待するジーコ監督も、ブラジルから再来日した今月17日、FC東京戦を観戦に出向き、途中出場した久保復活の手応えを得ていた。

 それだけに合宿前日、24日の辞退決定に腹を据えかねていた。25日に最低でも2週間は安静が必要な注射を打ったが、指揮官は横浜Mが久保を出したがらなかったとしか思っていない。

 「クラブであれだけの動きができたのに、いきなり月曜日に注射を打つなんて、考え違いをしている。ほかにやり方はあったと思うし、選手が(合宿に)来て“代表には興味がない”と、言えば別だが、川淵キャプテンから、どう考えているのか(クラブに)聞いてもらいたい」。ジーコ監督の怒りは、最後までおさまることはなかった。

  (相原俊之)


代表を優先するチームもあればそうでないチームもある、ということなんですかね。
マリノスさんは代表を優先しなかったとジーコさんは受け止めたようです。
それに久保本人が、
「調子悪いし、出たくない」
と明言していればともかく、チームからのそっけない発表の仕方が気に入らなかったようです。

久保は日本のFWの中でも数少ない、「FWらしい選手」です。
ジーコさんもそんな久保を気にいったのではないかと思います。
マリノスの対応は当たり前のような、でも、配慮に欠けたような、なんともいえない、後味の悪いことになりましたね。
今後、マリノスからあまり、代表を取らなかったりして。
ますます、松田を使わなかったりして。
深読みしたくなりますね。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.26 | Comments(2) | Trackback(1) | サッカー

今ちゃん、緊張の初合宿

今ちゃん(FC東京の今野泰幸選手)はさっそく、緊張したそうですよ。

今野緊張「しゃべれなかった」(日刊スポーツ)
MF今野にとって初招集は緊張の連続だった。練習後「有名な人ばっかりだから、しゃべれなかった」と、顔を赤らめた。宿舎からの移動バスも初めは東京の先輩、土肥の横に座ったが「後ろに行けと言われて、大黒さんの横にいました」と座るのにもまごついた。「なじめない。緊張が今はすごくでかい。それが続くと思うし、難しいけど頑張るしかない」と自分に言い聞かせるように言った。

[2005/7/26/07:47 紙面から]


浦和レッズの坪井選手からも今ちゃんの名前が。

坪井が“後輩”田中達を助ける(日刊スポーツ)
DF坪井は代表初招集のFW田中達を、MF三都主とともに先輩として優しくフォローした。練習中、田中達から何度も質問されたが、そのたびにきちんと答えていた。「何やるの? とか、そんな感じですよ」と坪井。練習後は「達也はまだ何か遠慮してるし、今ちゃん(今野)も緊張してた。でも達也は大丈夫。ああいうキャラだから、すぐに慣れます」と、後輩の活躍を期待していた。

[2005/7/26/08:56 紙面から]


達也(浦和レッズの田中達也選手)は緊張しいだと思いますからね。
でも、達也はしばらくすれば大丈夫だと思いますよ。
今ちゃんは時間がかかると思いますが…。

俺たちの”トウチュウ”様から。

今野ガチガチ緊張の“合宿デビュー”(東京中日スポーツ 365日FC東京)
自らの予想通り今野の代表合宿初日は“右往左往”だった。

 集合時間に加地、土肥、茂庭とともにワンボックスカーでホテルに到着。だが館内に入るだけでもまずは先輩方の行動確認が先決で最後尾からチェックイン。昼食までの自由時間は「モニさんと部屋が隣だった」ためひとまずリラックスできたが、昼食時など「しゃべれないっすよ。有名な人たちばっかですから」と気が休まらない。

 さらに「席順が決まっている」と聞かされていた移動バスは迷った揚げ句に土肥の横に座ってみたが追い払われた。この日は後ろから3席目、主将の宮本の前で落ち着いたが、「まだ合流してない人もいるし…」と困惑の連続だ。

 練習前の円陣でジーコ監督からメンバーに紹介され、恥ずかしそうに頭を下げた。指揮官に「頑張って」と声をかけられたが、本人にしてみればピッチ外での“勝負”が続きそうだ。 

  (上條憲也)

 ◆FC東京勢は代表優先

 代表合宿参加中のFC東京勢4選手は、クラブ側の配慮により28日のFC東京対バイエルン戦には出場せず代表合宿に居残ることになった。同日は鹿島ユースとの練習試合が行われる予定。一方、同日にマンチェスターU戦を控える鹿島の日本代表2選手はこの日だけクラブに戻る。

(2005年7月26日)


サッカーのほうもサッカー以外でもポジション争いがたいへんです(笑)。
早く、座る位置が決まるといいですね。
これって、結構、大切ですから。

早く、慣れるといいな。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.26 | Comments(2) | Trackback(0) | サッカー

ヴェルディがレアル・マドリードに勝った

ヴェルディが守備が崩壊していて、試合前、
「何点取られるんだろう…」
と心配されたヴェルディサポも多かったと思いますが、意外、といったら怒られるかもしれませんが、3-0でヴェルディが勝ちましたね。

東京V3発快勝!不振脱出だ/親善試合(日刊スポーツ)
<親善試合:東京V3-0Rマドリード>◇25日◇味スタ

 J1では17位と低迷する東京Vが世界的名門から3点を奪って快勝した。石崎監督代行は「モチベーションが高く、体が動いていた」と評価した。山田、林らが鋭い出足でボールを追って優位に立った。4バックに変更し、センターバックの米山を右DFで起用するなど、新しい布陣も試しながら無失点で切り抜けた。石崎代行は「リーグ戦でのふがいなさへの悔しさと、再開後への意気込みを感じた」と、不振脱出への手掛かりをつかんだ様子だった。

[2005/7/25/23:10]


ヴェルディも読売クラブ時代は日本のサッカーチームの名門だったけどね…。
まあ、当時の日本のレヴェルと日本のサッカー自体の盛ん具合を考えたら、仕方ないのかな、とは思いますが…。

“Jブービー”東京Vが大金星!(スポニチアネックス)
【東京V3―0レアル・マドリード】リーグ戦とはまるで別チームだった。Jリーグで2カ月以上も白星に見放された東京Vが勝利した相手は、なんと銀河系軍団。コンディションの悪さを差し引いても、3―0というまさかの展開に会場全体がどよめいた。

 1得点1アシストの小林大は「レアルは半分ぐらいしか力を出していない。浮上のきっかけになればいいけど」。スペイン通の相馬は「股を抜こうとしたら、DF(ミチェル)サルガドが怒っていて面白かったし自信になった。ベッカムも足が遅れて出てきたり動けてなかった」。皆、口は滑らかだった。

 いったい何点奪われるのか?7月の6連戦でJワーストの26失点を喫し、周囲からは大量失点を危ぐされていた。だが、バドン新監督就任が発表されたこの日、見せたのはゴールラッシュだ。現在17位の東京Vがレアル相手にJリーグ勢初の金星。サッカーは何が起こるか分からない。
[ 2005年07月26日付 紙面記事 ]


ヴェルディ、調子出ちゃうかもしれませんね。
なんか、そうだったら、恐ろしいなあ…。

んで、ベッカムが怒っているらしい。

つば吐かれた!ベッカム戸田に激怒(スポニチアネックス)
えっ、マジ?「ギャラクシー軍団」レアル・マドリードが日本で赤っ恥をさらしてしまった。25日、味の素スタジアムで東京Vと対戦。MFデビッド・ベッカム(30)らベストメンバーが先発しながら、0―3とまさかの零敗を喫した。03年から夏の日本ツアーを続けているレアルはJリーグ勢相手に4試合目で初の黒星。27日には磐田と対戦するが、世界最強の看板は果たして保てるのだろうか?

 後半45分、台風7号の影響で突然激しく叩きつけてきた雨を合図に3万観衆は席を立った。想定外の?完敗。弱すぎる“白い巨人”を見るはめになったファンのため息は90分途切れることはなかった。

 先発はベストメンバーだった。中国での試合を欠場したベッカムも大腿部痛を押して先発。しかし、後半12分に交代した貴公子は予想外の苦戦に混乱状態に陥っていた。試合後は「疲れはピークだったけど、それを負けた言い訳にはできない」と努めて冷静に対応しようとしたが、怒りにまかせた爆弾発言も飛び出た。

 ロイター通信のインタビューに答えたベッカムは「トダが自分の顔につばを吐いた。周りにいた選手がみんな不愉快な思いをした」と試合中のハプニングを暴露。問題の場面は前半23分、戸田のタックルを受けたベッカムは直後にプレーが切れた瞬間、ボールを怒りにまかせて高々と蹴り上げている。ここで“事件”があったようで、ルシェンブルゴ監督も「トダは汚い。審判が見ていないときにベッカムを蹴った」と不満をぶつけた。一方、戸田は「蹴ったのは向こうの方。つばが飛んで、それで彼が怒ったのだと思うが自分ではない」とその行為を否定。両者の見解が食い違って真偽のほどは不明だが、少なくともレアルが完勝していれば表に出なかった“ストレス”だったはずだ。

 14日にスペインを出発し、米国、中国で計3試合を行ってからの来日で、総移動距離は約2万2000キロにも及んでいる。フィーゴも「われわれは疲れがあった上に練習もやれなかった」とこぼした。湿度80%の気候条件も厳しかったが、東京Vの相馬には「まさか広島に負けた(23日、0―3)僕らが勝てるとは思わなかった。レアルは全然動けてなかった」とまで言われた。

 チームの年俸合計は約180億円。一方、東京Vは出場選手全員を合わせても年俸9億円のベッカム1人に及ばない。27日は磐田戦。指揮官は「次の試合で頑張りたい」と前を向いたが、ちょっとやそっとの勝利では、この汚名は晴らせない。利益と名声を集めようとしたレアルの世界ツアー。その思惑とは裏腹に、目の前には厳しい現実が待っている。
[ 2005年07月26日付 紙面記事 ]


戸田選手がイングランドにいたときもベッカムとなんか、なかったっけ。
ただ、悲しいことに日本でも戸田選手よりはベッカムの味方をする人が多いような気がする、女性中心に(笑)。
私はどうでもいいと思っていますが、ただ、これでへそを曲げて、日本に来なくなったらイヤだな、と思うくらいですね。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.26 | Comments(0) | Trackback(1) | サッカー

とりあえず、石崎

ヴェルディの監督は後任が決まるまで、とりあえず、石崎さんなんですね。
”代行”って、ついてるし…。

石崎代行 J4クラブ目勝利に挑戦(スポニチアネックス)
東京Vの石崎信弘監督代行(47)がJリーグの監督としては最多タイとなる在籍4クラブ目での勝利を狙う。約10年の指導者生活で大分、川崎F、清水で勝ち星を挙げている。過去4クラブで勝利しているのはジョアン・カルロス氏、清水秀彦氏の2人だけ。今回はアルディレス監督解任による代行、しかも東京Vは8月以降、新監督を招く方針を固めており、23日アウエー広島戦限定でのトライとなる。

 抜群の相性が後押しする。広島の小野監督とは03年川崎F、04年清水時代に5度対戦し、3勝2分けと1度も負けていない。わずか3日間と準備期間は短かったが、練習では「DF面と攻撃のスピードアップを意識づけた」。チーム最年長のMF林に代え、MF戸田を5月14日柏戦以来の先発で起用する方針。その采配に注目だ。
[ 2005年07月23日付 紙面記事 ]


さっき、東京に大熊さんが復帰する話を書きましたが、J2時代、もう一人、よく見ていたのは石崎さんでしたね。
大分トリニータ時代はいつもJ1あがる寸前まで行って勝てない、別名、
「J2の名将」
とか言われて、あまりにもJ1に上がれないので、かわいそうだなとは思っていたのです。
「J1で監督したら、どこまでいけるだろう」
と思って、清水でその機会がありましたが、思ったほどたいしたこともなく(言い過ぎて、すみません)、退任したわけです。

ヴェルディには清水時代、起用法でもめたとかいう話があったような気がする、MFの戸田選手がいるんだけど、先発起用するつもりなのですね。

アルディレスさんも嫌いではなかったので、退任は残念だけど、あんなに守備が崩壊しては仕方ないですね。
シーズン当初のワシントン選手はすごかったので、今年はすごいのかな、と思ったのですが…。
天皇杯を獲ったチームはよくシーズンはよくない、ということは多いような気がしますね。
疲れが残るからかな。
石崎さんになって、立て直すことができるのでしょうか。
確かに見ものです。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.23 | Comments(2) | Trackback(1) | サッカー

Big Bearさん

大熊さん、FC東京に帰ってくるんですね。

U20大熊監督の任期満了、東京へ復帰(日刊スポーツ)
日本サッカー協会は22日、U-20(20歳以下)代表の大熊清監督(41)が、31日で任期を満了し、J1の東京に復帰すると発表した。大熊氏は、引き続きサッカー協会技術委員会の技術委員として活動する。

[2005/7/22/17:33]


で、いったい、何で、帰ってくるんでしょうか?。
監督はヒロミ(FC東京の原博実監督)で代わらないだろうし…。
まあ、コーチかなんかだとは思いますが…。

大熊さん、なつかしいのはなつかしいのですが、ワールドユースでは選手起用の面で評判落としているし(せめて、水本くん(ジェフ千葉)には謝っとこうよ)、なんともいえない気分ですね。
アテネのときの山本監督を思い出してしまいます。

大熊さんは憂太くん(FC東京の馬場憂太選手)の天敵かもしれません。
憂太くんをユースで召集したとき、
「(大熊)監督は僕ばかり怒鳴る」
とか言っていましたし…。

まあ、お帰り大熊。
ですかね。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.23 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

初フル代表

今ちゃん、代表入りで浮かれていた私ですが、他の選手の中にも私が代表に入ってほしい選手が入っていました。

まずはレッズの達也(浦和レッズの田中達也選手)です。
アテネ戦士 田中達、今野が初代表(スポニチアネックス)
(前略)
吉報は午前練習後、買い物に向かっていた時に届いた。チーム関係者から代表入りしたことを聞くと田中達は「すっごくうれしい。チャンスをもらえたので自分の力を120%出し切ってジーコ監督にアピールしたい」と声を弾ませた。
(後略)

素直な反応でいいですね~。
以前の調子のよかったときに、「そろそろ、入ってもいいのではないか」というときに呼ばれなかったので、やっとだなあ、と思いました。
アピールできるといいですね。

それと、村井選手(ジュビロ磐田)。
磐田MF村井、悲願の初代表(日刊スポーツ)
(前略)
村井のもとにビッグニュースが舞い込んだ。この日、磐田はオフ。5月に結婚したばかりの亜美(つぐみ)夫人との買い物中に朗報が届いた。祝福の電話も相次いだが「まだピンとこない。明日、クラブハウスに行ってみんなに会ったり、ネットや新聞を見たりしたら、実感がわくのかなぁ」とまるで人ごと。千葉の母幸子さんに代表入りの電話を入れたあと、予定していた通り、亜美夫人とのんびりと釣りを楽しんだ。
(後略)

こちらも買い物がらみだった(笑)。
オグリ(ガンバ大阪の大黒将志選手)のときも買い物中だったなあ。
大黒、おめでとう!!。 私がもう一つ持っている「振り逃げプロ野球」の移転前のものです)
村井選手は連絡を受けたあと、釣りをしたようですね。
村井選手もいつ呼ぶつもりなのかなあ、と思っていましたが、やっと、呼ばれましたね。

それと、初めてではないけど、阿部勇樹選手も注目です。

ジーコさん、使ってください。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.20 | Comments(6) | Trackback(0) | サッカー

ナオくん、ケガ…

今ちゃんのA代表入りに浮かれてはおりますが、私のもう一人、注目している選手(アジアユース以来だから、もう5年目)、ナオくん(FC東京の石川直宏選手)がケガしたようです。

石川右足負傷 神戸戦ピンチ(俺たちのトウチュウ様 365日 FC東京)
横浜M戦(17日)で右足を痛め、途中交代したFC東京のMF石川直宏(24)が18日、埼玉県内の病院で精密検査を受けた結果、右大腿(たい)四頭筋筋挫傷で全治約3週間と診断された。

 ケガでの戦列離脱は今季初めてで、石川は「痛みもあるし、ちょっと力が入らない。無理してまた悪化させるのもよくないし、次の試合は難しいかもしれない」と説明。次節の神戸戦(23日)出場は困難な状況だ。

 石川は前半開始早々に、相手選手と激しく接触。その後もプレーを続行したが、同23分にMF鈴木規と交代した。原監督は「痛みが取れれば大丈夫だと思う。万一ダメでも、8月20日まで日程が空くし、代わって入った規郎や憂太(馬場)が活躍するのはチームにとってはいいこと。ナオもまた強くなって帰ってきてくれると思う」と話した。

(2005年7月19日)


全治3週間…。
FC東京はやっと、約2ヶ月の「勝てない」というトンネルから抜けて、2連勝したのに、ナオくんにとっては残念ですね。

このごろは調子が悪かったナオくんですが、長いトンネルを抜けて2連勝したのもあって、ご本人のホームページの日記では精神的にはきつい時期を脱したようでした。
その点は安心しました。

早く治るといいなあ…、と思います。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.19 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

祝・今ちゃん、A代表!!

うわぁ~、どれほど待ったか。
今ちゃん(FC東京の今野泰幸選手)、ついにA代表です!!。

今野ら初代表、久保復帰!東アジア選手権(日刊スポーツ)
日本サッカー協会は19日、東アジア選手権(31日~8月7日・韓国)に出場する日本代表23人を発表、全員国内クラブ所属選手で、MF今野泰幸(22=東京)村井慎二(25=磐田)、FW田中達也(22=浦和)の3選手が初めて招集された。

 DF宮本慎靖(28=G大阪)ら6月のコンフェデレーションズ杯(ドイツ)参加選手が中心。FW久保竜彦(29=横浜)が半年ぶりに招集され、アテネ五輪代表は今野ら4人となり、中田英寿(28=フィオレンティーナ)ら欧州組は新シーズン開幕前のため招集しなかった。

 ジーコ監督は「しっかり準備して優勝を狙う。初めての選手も入っている。(Jリーグで)結果を出していればチャンスが来るということ。若い選手を呼ぶには今回がいい時だ」と話した。

 東アジア選手権は日本、韓国、中国、北朝鮮の4カ国による総当たりで争われ、日本は31日に北朝鮮、8月3日に中国、同7日に韓国と対戦する。チームは25日から千葉県成田市で合宿し、29日に韓国へ向かう。

[2005/7/19/17:28]


公式には今ちゃんのコメントがっ。
東アジアサッカー選手権大会2005 決勝大会(7/31~8/7)日本代表チームメンバーに、土肥洋一、茂庭照幸、今野泰幸、加地亮 4選手選出のお知らせ [7/19(火)](FC東京公式ホームページより)

□今野 泰幸選手(MF)
『代表選出については自宅で聞き、正直なところすごくびっくりしました。ただ、関係者の方々からの電話などで少しづつ実感が湧いてきました。今から緊張で心臓がバクバクしています。練習から一生懸命に取り組んで、以前から代表に入っている人達のプレーを学び、更に自分の持ち味である相手への早いアプローチから攻撃に繋げるプレーをジーコ監督にアピールしたいと思います。』
(公式より、引用)

むふぅ~ん…、失礼…。

うれしくて、壊れてしまう…。

今ちゃん、緊張してるみたい。かわいい。

前ににぴあのインタビューで、A代表について、語っていました。

「オリンピックが終わった頃は早く代表に入りたいという気持ちが強かったけど、今ではJリーグですごい活躍をしてから、と思うようになりました。大黒(将志・ガンバ大阪)さんみたいに、サポーターや記者の人たち、サッカー協会の人たち、誰からも認められる選手になってから、代表に入りたいと思っています。ボランチだから、大黒さんのように目立つ活躍はできないかもしれないけど、見てくれる人はいるはずだから地道にやりたいですね。まだ1年あるから、チャンスはあると思っています」

オグリ(ガンバ大阪の大黒将志選手)は札幌で一緒にやっていたっけ?、申し訳ないのですが、覚えていません…。
でも、刺激にはなったと思います。
私はオグリのときも、
「ジーコはいつになったら選ぶんだ」
とずぅーといい続けていましたし、今ちゃんも「ひそかにドイツ」を狙っていたので、応援していました。

初めてなので、戸惑うことも多いと思うし、代表で活躍したら、今まで以上に忙しくなりそうだし、そしたら、今度は海外…。
あぁきごう、いろいろ、考えてしまいますが、とにかく、目標だったA代表になったので、今度はここで活躍して、認められてほしいです。

私まで緊張しそうです…。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.19 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

カズ、横浜FC入り、前向き

ヴィッセル神戸の成績は上がらず、監督も今期で2回代わったチーム事情もありますが、現在、ここ数試合、ベンチ入り登録からもはずされているのがベテランのカズです。
まあ、チームの調子が上がらず、ベテランがものすごく調子がいいわけでもないなら、仕方ない判断だとは思います。

そこで声をかけてきたのは、横浜FCです。
そして、カズも前向きに検討しているようです。

カズ、横浜FC移籍へ前向き回答(日刊スポーツ)
神戸FWカズ(三浦知良=38)が、J2横浜FCに移籍する見通しであることが18日、明らかになった。今季2度目の監督交代で神戸の指揮を執るパベル監督の構想から漏れ、最近5試合ベンチ入りメンバーから外れていたカズに対し、J1昇格を目指す横浜FCが獲得を申し出た。

 横浜FC側は「オファーは出した。本人からは前向きな回答を得ている」としている。カズは、なるべく早く決断を下す姿勢を示しており、近日中にも移籍する可能性が高まった。

 J1最年長プレーヤーのカズは15歳でブラジルに渡り、プロ選手としてサントスなどでプレー。90年に帰国して東京Vの前身の読売クラブに入団。93年にはチームをJリーグ初代王者に導き、MVPに輝いた。94年には日本人選手で初めてセリエA(当時)ジェノアに移籍。その後、クロアチア(現ディナモ)ザグレブなどに所属した後、99年から京都、01年から神戸でプレー。日本代表としては91試合に出場して歴代2位の通算56得点を記録している。

[2005/7/18/23:28]


キャプテン翼世代の私にとっては子供のころ、サッカーで海外に単身で行ったカズは憧れのサッカー選手でしたね。
今でも好きな選手ですし、特別な選手です。
カズはベテランであり、年齢的なことを思えば、今はチームやリーグのカテゴリーのレヴェルを気にしないで現役を続けてほしいなあ、と思いますね。
まだ、サッカーをやっているカズが見たいです。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.19 | Comments(1) | Trackback(1) | サッカー

日本でFWが育たない理由

スポーツに関する、すばらしいブログを書いていらっしゃる、SEABLOGスポーツさんのブログを見ていたら、気になる話が書いてありました。

エメルソン選手をあたたかく送り出そう!

このブログ内で紹介された、この課題の関連のご自身の過去記事です。
日本人からはフォワードが育たない

エメルソンに守備?その発想がFW不足の日本の象徴では?

SEABLOGさんは「日本人からはフォワードが育たない」の中で、
「日本人に決定力がないと言われてもう10年以上になるが一向に育つ様子もない。イランやバーレーンが北朝鮮相手に大勝しそうなのに比べても日本のアウェー戦は心配だ。育たないならもう別の手段しかない。三都主には申し訳ないが日本代表に必要なのは帰化してくれるFWではないのか。」
という意見が書いてあるが、確かにそうだと思います。
日本の雰囲気から考えて、FWを育てる雰囲気を持っていないと思いますね。

それと「エメルソンに守備?その発想がFW不足の日本の象徴では?」の中ではこんなことを書いていらっしゃいました。
「罰則としての90分DFだそうだが、坪井選手の考え方は悪しき日本の発想の延長ではないのか?エメルソン選手に守備をやらせてチームに何をもたらせるのか。確かに問題は多いが、だからといってエメルソン選手の性格が変わるというのか。
 罰則だというが、FWの罰則は点を取らないことに対して課すべきだろう。DFをやることを罰則にすべきではない。1試合1点以上取らなかったら今季中は全試合罰則をとるということならば理解できる。」


まさか、坪井選手がこんなことを言っていたとは。
DFの仕事は罰則ではないはずでは。
確かにこれは日本的ですね。
日本人の中にこの感覚がある限り、日本人のFWは育みにくいと思いますね。

エメルソン選手の行動は決していいとはいえません。
むしろ、大人の社会人として、行動に問題はあります。
そのことについては、どこの国出身ということとは関係ないと思います。
ただ、確かにこの性格はFWそのものともいえますね。

きわめて日本人的意見として、私がよく見させていただいている昨日の風はどんなのだっけ?さんの意見をいくつか紹介します。

■ [サッカー] エメルソン移籍へ バイエルンなど複数オファー

■ [サッカー] 浦和のエメルソン、カタールのアル・サッドと契約

■ [サッカー] 驚く価値もない、エメルソンの移籍

■ [サッカー] 驚く価値もない、エメルソンの移籍」の中ではイギリス人である、ジェレミーさんも怒っていますね。

それと、「■ [サッカー] 浦和のエメルソン、カタールのアル・サッドと契約」の中では日本人がなめられているという批判をされています。
確かにブラジルは日本人移民を受け入れてくれた国ですが、いっぽうではサッカーが下手な人のことを、
「日本人みたいだ」
と馬鹿にしているとも聞きました。
日本人としての感情としては「ブラジル人になめられている」という感情は当然、わきますね。それは私も否定はしません。

それと、「■ [サッカー] エメルソン移籍へ バイエルンなど複数オファー」の中ではブラジルから日本に来たセルジオさん(セルジオさんは日系人でもあるが)やラモスさんが怒るだろうと言っています。
日本に溶け込み、日本のサッカー界に貢献している、特にラモスさんは大きく貢献していますが、その方たちは怒るでしょうね。
一部のわがままなブラジル人のために、住みにくさを感じなければならなくなりますからね。
偏見を持っている日本人も悪いけど、現実、「ブラジルから来た人は…」といわれかねないですからね。
行動には気をつけてほしい、とは思うでしょうね。

これは私が勝手に思っている説ですが、日本に帰化するのがいやだったのではないか?、と思うのです。
ジーコさんに帰化してほしい、という話をされていたというのを聞いたので…。
ただ、今のルール上はいったん、代表に選ばれたら、最初に選ばれた国以外の代表にはなれないので、帰化はないと思っていましたが…。
今度行く、カタールは結構、お金持ちの国です。
もしかしたら、カタールに帰化したりして。
そして、FIFAのルールの改正待ち(つまり、代表に選ばれた経験があっても国籍を変えても出られるという風に変わったら)をしてたりして。

レッズのサポの方々はもう、割り切っていると聞きます。
そのほうがいいと思いますね。

まあ、エメルソンはカタールでがんばってね。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.18 | Comments(6) | Trackback(3) | サッカー

今ちゃんがぴあのインタビューに

ちょっと、間があいてしまいましたが…。
お久しぶりです。

今ちゃん(FC東京の今野泰幸選手)のファンの方のホームページやよく見させてもらっている「でこっぱち道場」のまちゅさんのブログにもありますが、今ちゃんがぴあにインタビューされています。

21世紀の骨のある奴 第262回 今野泰幸(サッカー)

そして、
今野泰幸を知るための30の質問

近頃、今ちゃんはいろんなところから取材されていますね。
これもそのひとつ。

私が移転前のブログの中で今ちゃんのことを書いたのですが…。
今野選手について
私が今ちゃん(今野泰幸選手)を知ったのは2002年のユース代表でキャプテンをやっていた時ですね。
世界ユースの出場権は得たのですが、アジアユースは決勝で韓国に敗れた時の今ちゃんの負けず嫌いな感じのインタビューにほれて、気になるようになりました。

もちろん、彼のサッカー中の動きも好きで、
「本当にいい動きをするなあ」
と思ってみていましたよ。

それから、雑誌で今ちゃんの名前を見るたび、どういう風な答えをしているのか、どういう特集なのか、いろいろ見ましたね。
コンサドーレ札幌時代は代表戦前にケガをしたシーンを見て、
「えぇっ」
と思ったことがあります。

そんな彼が、所属の札幌が2年連続J2が決まって、これからのレヴェルアップが期待される選手なので、札幌を出ないといけないなあ、時にしていたら、やはり、J1チームから誘いの声が。(海外クラブからの誘いのうわさもありましたが、真意は定かではありません)
横浜・F・マリノス(元フリューゲルス好きとしてはこの言い方は気に入らないが)とFC東京です。
個人的には出番のありそうなFC東京に行ってほしかったですね。
前に石川選手のことを書いた時も思ったのですが、マリノスでは選手層が厚いので、きついのではないかと。
確かに前の札幌の監督だった岡田さんがマリノスの監督ですが、出番を考えるとFC東京が無難だなあ、と思っていました。
そしたら、FC東京へ移籍が決まりました。
「ほー、FC東京かあ~」
と思いました。
大熊監督時代から気になっているチームですし、今のヒロミ(原博実監督)も好きなので、
「よいね」
と思いました。
のちに馬場憂太くんの誘いもあったことを知りました。
話しやすい選手がいることも大きいのかな、と思いました。

移籍をするときは札幌のサポーターはとてもさみしかったようで、検索してみると、別れを惜しむ言葉が多かったですね。
彼の人柄もあるとは思いますが、本当に愛されている選手だなあ、と思いました。
それを象徴する文章は今ちゃんファンの間では有名な笹田さんの文章です。
世界へ、挑め。

(中略)
今ちゃんにはいつかA代表でレギュラーになってほしいな、そして、海外でやってほしいな、って思っています。
「がむしゃら」
という言葉が当てはまる、数少ない、若手選手だと思います。
彼の場合は独特のキャラクターで愛されているので、成長することが、
「遠くに行ってしまうような、さみしさ」
を抱いてしまうこともありますが、
「世界へ、望め。」
ですね。

(余談ですが、将来のことも考えて、若いのにC級コーチの免許をとりに行った今ちゃん。私は結果は知りませんが、このコーチライセンスを取ることを勧めたのは札幌で一緒だったことがある、瀬戸春樹選手らしいです。へぇ~)


今ちゃんを今後も注目しています。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.17 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

応援は勝手にするものでは

ヴェルディサポはこういうことをしないことが誇りではなかったのかなあ、と思います。

今度は東京Vサポ爆発!選手バス包囲(スポニチアネックス)
【東京V3―3神戸】最下位の神戸に2点差を追いつかれてのドローに、東京Vサポーターの怒りが爆発した。試合後、競技場出口を約50人のサポーターが取り囲み、選手を乗せたバスが1時間40分、立ち往生した。対応したクラブ関係者によれば「勝敗うんぬんより、試合後の選手のあいさつができていないと話していた」という。前半はワシントンが2得点1アシストするなど好調だったが、後半は失速。相手の攻撃に押し込まれ、2戦連続7失点の悪夢を思い出すような展開となった。
(以後省略)

[ 2005年07月14日付 紙面記事 ]

「こんなに応援してやってるんだから、挨拶しろ」
という脅しのように感じます。
応援は自己満足だと思うのですが…。
取り囲んだのは一部の人たちだとは思いますが…。
それに取り囲んだ以外、人に危害を加えることはしていないようなので、目くじらを立てる話ではないようですが…。

私の意見としては選手が挨拶をちゃんとしなくても怒る必要はないと思うのですが。
社会人としてはちゃんと挨拶できない奴は致命的ですが、観客と選手の競技場での間にはそういう関係は成立しないと思うのですが…。(ファンと接触の場所があって、サインや写真をお願いするときはお互い、礼儀が必要だと思いますが)
さっきも書きましたが、「応援は勝手にするもの」ですから。
確かにファンに対して選手の態度が悪いのは問題ですが、これはそれに抵触しないのではないかと思います。
まあ、見ていないのでなんともいえませんが…。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.14 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

石屋製菓がおフランスへ

コンサドーレのスポンサー、「白い恋人」で有名な石屋製菓さんがフランスの2部リーグのチームのスポンサーになるようだ。

フランスリーグに「白い恋人」(日刊スポーツ)
札幌のメーンスポンサー「石屋製菓」が、フランス2部リーグのグルノーブルとスポンサー契約を結んだ。13日に札幌市内で会見し、29日から3年間の契約で、ユニホーム左袖に漢字で「白い恋人」の文字が入る。大手IT企業の「インデックス」が昨年買収したグルノーブルは昨季は20チーム中11位。石屋製菓の石水勲社長は「将来的にはチーム間の人的交流などをやっていきたい」と、J1昇格を目指す札幌への助っ人投入なども視野に入れている。

[2005/7/14/07:38 紙面から]


コンサのトップの不祥事やそれに伴う、スポンサー撤退問題も新たなスポンサーも出てきて、一段落したのでしょうか、今度はフランスの2部リーグのチームのスポンサーになるそうです。
フランスに「白い恋人」いいですね。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.14 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

私がFC東京のサポにもファンにもならない理由

私はサッカーは苦手なほうで、でも、スポーツを見るのが好きな人間であります。
サッカーも1スポーツとして、そして、日本にどんな影響を与えるか、という興味をこめて、見ています。

私は好きだった、クラブチームが合併という名の消滅という経験をしています。
まあ、横浜フリューゲルスですね。
このチームがなくなってからはサッカーで特に応援するチームはなかったです。

その後、FC東京のサポにもファンにもなったわけではないのですが、注目する選手や人がFC東京の一員になって、ナビスコを獲ったり、選手として成長する姿を見るのが楽しくて、見ているわけです。
クラブとしても東京ガス時代、天皇杯で快進撃をしたときから、気になっていたチームです。
ただ、私は、
「FC東京のサポーター」
「FC東京のファン」
と名乗ることは頑なに拒んでいます。
その理由は1にも2にも、一部ではあるのですが、困ったサポがいるからです。
サポについては東京ガス時代から怖いと思っていました。
FC東京を応援はしていますが、身を入れての応援やサポやファンになることは今の段階では出来かねます。

今回のヴェルディ側観客に灰皿を投げて怪我をさせた、傷害事件の話をしたいと思います。
私は現場に行ったわけでも、試合を見たわけでもありません。
何がおきたかの詳細は知らない人間です。

とりあえず、新聞記事から。

東京ダービーでサポーター?を逮捕(日刊スポーツ)
9日に東京都調布市の味の素スタジアムで行われた東京ダービーで、東京のサポーターと思われる調布市の無職西山電容疑者(24)が傷害の現行犯で調布署に逮捕された。

 試合前、両チームサポーターがにらみ合いとなり、西山容疑者が通路にあった灰皿のスチール製ふた(27センチ四方)を投げ付けた。これで警備をしていた東京Vの男性社員(30)が顔を8針縫うけがを負い、観客の横浜市の男性会社員(35)と、会場警備の男性警察官(33)も顔や足などに軽傷を負った。

 調べでは、現場は柵で仕切られた両チーム応援席の境界。東京のサポーター約200人が詰め掛けたため、東京Vのサポーター約50人とにらみ合いに。東京のサポーターが引き返し始めた際に西山容疑者が投げ付けたという。試合には影響がなく予定通り行われた。

[2005/7/10/00:09]


人にものを投げつける行為自体が人間としてのモラルが守れていないですね。最低です。
しかも、ケガをさせているということで、より、悪いですね。

そして、FC東京のオフィシャルからの謝罪です。
すべてのJリーグファンのみなさまへ(お詫び) [7/10(日)]

一人で行く人間でも、はるかにほとんどの人間はこんな傷害事件は起こしません。
たまたま、こいつが一人だっただけです。
集団でも悪いことをする奴は出てきますよ。
他の検索で見た人もいっていましたが、FC東京の対応は甘いかもしれませんね。
以前、FC東京の一部サポは壁への落書き事件をおこしています。
その前もなんかあったような気がしますが、何か起こす危険性のあるサポを抱えていることくらいは想像できる状態だと思うのです。
現に私はそれがいやなので、サポ、ファンとは頑なに名乗るのを拒んでいるのですから。
FC東京のスタッフには規律を守れないサポを締め出しを徹底して、厳しい態度に出てほしいです。
落書きだって、当事者ではなく、スタッフや若い選手が消したと聞いています。
そんなことをさせるようなサポには厳しいペナルティを与えるのは当然のことだと思います。

一般のFC東京のサポの方でこんな意見を述べている方もいます。
これじゃあ勝てない(無駄遣いな日々)さんより

ヴェルディサポの人数が少ないことをいいことに数の論理で弱いものいじめをしているという指摘をされています。
レッズのサポに同じこと、出来る?、と。
出来ないでしょうね。
レッズサポ、多いですもの。
サポが人気にあぐらをかいてどうするんですかね?。
一般のFC東京のサポさんは今回の事件でさみしい思いをされていると思います。

それと、こちらは対戦相手のヴェルディサポの方の意見です。

ダービーが残した波紋追っかけヴェルディ~奇人の邸宅)のLannさん

第三者のサポが言うよりは同じFC東京のサポがいうほうがいい、そして、そういった形で自浄してほしいという意見です。
この方は冷静に意見をおっしゃっていますね。
それと、この方がこの事件に関係するリンクをしていましたので、2つ紹介します。

ダービーの戦い FC東京戦③pride of green 緑の誇り´のヨシカズさんより
投げた灰皿のふたと同形と思われる灰皿の写真が載っています。

それと被害者のヴェルディスタッフの方のコメントです。
ご心配をおかけした皆様へ徒然緑草~Come on Verdy!~
 星見洋介さんより

この事件の意外な被害者を紹介しているブログを発見しました。

昨日起こった悲しすぎる事件闘え~俺の青赤 ¡Qué suerteさんより

その方が紹介した意外な被害者の方はマリノスサポの人です。
一部、報道ではヴェルディサポの人と言われていましたが、本当の被害者はマリノスの方のようです。

番茶庭園さん

その方が当日の話を書いていらっしゃいます。

味スタでのこと(Re: FC東京 v.s. 東京ベルディ1969)

番茶庭園さんは最後に、こうおっしゃっています。
「規模は小さいとはいえ、一種のテロ行為だと思う。

 最悪の事態を想像すると、ゾッとする。


-----------------------------------------------------------------

 そんなことでサッカー全体のイメージが悪くならないで欲しい。
 サポータは、ならず者の集団だと思われたくは無い。
 サッカーの試合は危険だから、行きたくない / 行かせたくない、とは思って欲しくは無い。
 試合には色んな人が来て、盛り上がって欲しい。

 サポータにもスポーツマンシップが求められるだろう。


 もうこんなことはこりごりだ。」

そして、第三者の方の意見として、アルビレックス新潟のサポの方の意見です。

Footballの恥部+ beat fairground - くりぞうblog +さん

家族で見に行けるサッカー場、新潟。
日本全体がこれを目指してほしいですね。

他の検索で見ていると、勝ち点を没収する案がありました。
これで一部サポの悪行が収まれがいいのですが、これでも収まらなかったら、サポが愛しているはずの選手との関係も悪くなりますよ。
もう、その段階にきていると思います。
FC東京のサポ同士やFC東京のスタッフは身内に甘いようなところがあるような気がします。
特にFC東京のスタッフは一部の塊のサポの処遇に甘く、他の塊や個人のサポは無視しているのではないかという意見もありました。
それではいつまでたっても悪行をする輩はいなくならないと思います。

私は中途半端な立場ですね。
Jリーグの中ではFC東京を一番、応援していますが、一部サポが怖いのと一緒にされたくないという気持ちが強く、今のところ、サポでもファンでもないですね。
せっかく、サポ対応以外ではフロントは優秀だと思うのに…。

いつも、ここではマイペースでのんびり、やっているのですが、今回は少し、きつめに書きました。
一部、突っ走って、書いた面もありますので、文章の不備や間違えがあれば、真摯に対応するつもりです。
それでは失礼します。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.11 | Comments(18) | Trackback(3) | サッカー

紙ふぶきは禁止なのだ

えぇ~、いいじゃなかったの~?。
FC東京のサポーターの紙ふぶきまきは急遽、中止になった模様です。

東京大ショック、紙吹雪作戦急きょ中止(日刊スポーツ)
東京ダービーを前に東京サポーターが計画していた紙吹雪作戦が8日、急きょ中止になった。東京サポは新聞紙などでつくった紙吹雪を持ち寄り、試合前に一斉にまいてチームを鼓舞。ゴミ袋持参を義務づけ、試合後には各自が掃除して帰る予定だった。

 味の素スタジアムはもともと紙吹雪禁止だが、クラブ側も「けが人が出ないこと、ゴミの回収をすること」を条件に、当日限定の許可を検討していた。だが同スタジアムは調布飛行場に隣接しており、航空法に触れるとして、最終的に警察からストップが掛かった。

 この日の練習には東京サポのリーダー・植田朝日氏(32)が訪れ、原監督や各選手を激励。「原さんはクラブに初タイトル(昨季ナビスコ杯)をもたらしてくれた恩人。でも万一、明日(9日)負けたら『辞めろコール』が起きても、もうそれを止めることはできない。原さんには続けてほしい。絶対に勝ってほしい」と気合をこめた。

[2005/7/9/10:01 紙面から]


航空法っすか、それなら、仕方ないっすね。
でも、せっかく、気持ちが盛り上がっていたのに残念です。

朝日さん、熱いっす。
私もヒロミ(FC東京の原博実監督)には続けて欲しい気持ちが強いですね。

今日は絶対に勝たないといけない試合です。
ここのところ、勝っていないので、勝って欲しいですね。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.09 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

万博のせいで泊まれません…

マリノス、散々です。

愛知博、大相撲…横浜、名古屋戦宿舎なし(日刊スポーツ)
遠征なのにナイター終わって直帰なんて…。そんな前代未聞の強行軍を、横浜が勝って乗り越える。今日9日の名古屋戦(瑞穂陸)は午後7時キックオフ。通常なら試合後は現地に宿泊するが、大盛況の愛知万博などの影響をモロに受け、宿泊ホテルを確保できずじまい。試合後、横浜に直帰することになった。ドタバタ移動になるが、今季は中3日の13連戦を経験するなどタフになっている。名古屋に勝って、気持ちよく家路に就く。

 リーグ再開後2連勝と好調な横浜が、ピッチ外の思わぬ余波を受ける。アウエーでのナイター名古屋戦を終えてから現地の宿泊施設がない。今週末は名古屋市内にある約400軒、計2万室を数えるホテル、旅館に予約が殺到。選手、スタッフ合わせて約30人の「横浜御一行様」の宿舎を確保できず、試合後は直帰する異例の事態になった。

 愛知万博の影響をモロに受けた格好だ。今年3月の開幕当初は1日約4万人の来場者だったが、うなぎ上りに数字が伸び現在は1日平均約9万8000人。週末は10万人を超える見込みだ。加えて中日対阪神の首位決戦、10日初日の大相撲名古屋場所、人気歌手・平井堅のコンサートなどイベントがめじろ押し。Jリーグの日程が通知された今年1月下旬からホテルの確保に動いたが、関係者の尽力で試合前日となる、この日8日の予約を押さえるのが精いっぱいだった。

 試合自体には直接影響しないが、6連戦のまっただ中。「直帰」は後々響く可能性もある。だがチームは意に介さない。シーズン序盤にはアジアチャンピオンズリーグを含め中3日ペースの13連戦を経験した。MF那須は「13連戦に比べれば屁ですから」。2戦連発と好調なFW大島も「去年(J2)山形にいた時もアウエーの水戸戦はナイターが終わってからバスで4時間かけて帰りました」と涼しい顔。元来アウエーに強く、昨年は22得点中14点、今季も公式戦9得点中7点をマーク。3戦連発の期待が高まる。

 前代未聞の移動劇だ。負ければ疲労感は倍増。だが戦いの場が名古屋だけに、終わり良ければ…。勝てば約350キロの夜行軍は心地よい帰路になるはずだ。【広重竜太郎】


愛知万博の他にも大相撲名古屋場所、平井堅さんのコンサートなどで宿がなく、試合のあとはすぐ帰ることになったそうです。

今シーズンはアジアクラブの大会やナビスコもあって、忙しいマリノス。
きつい遠征に慣れているとはいえ、きついですねぇ。

万博は予想できたかもしれませんが、大相撲なども重なるとは…。
もう少し早く予約を取っとけば…、ね…。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.09 | Comments(0) | Trackback(2) | サッカー

中西永輔選手300試合出場へ

今度の試合にもし、出たら、マリノスの中西永輔選手が300試合達成になるらしいです。

横浜M・中西 300試合出場へ(中日スポーツ)
首位鹿島を撃破し、逆転優勝に望みをつないだ横浜Mが、9日の名古屋グランパス戦(瑞穂陸)で出場停止の左サイドバック・ドゥトラの代役としてベテランDF・中西永輔(32)を起用する。中西は名古屋戦に出場すればJ史上10人目となる300試合出場となる。

 たった一人、左サイドからFWに向かってクロスを上げ続けていたのは5月8日以来、リーグ戦から遠ざかっている中西だった。体調不良から北米合宿後、戦列を離れていたが、ドゥトラの出場停止で代役に指名された。

 中西が出場すれば秋田(名古屋)、沢登(清水)らに続いて10人目の300試合出場。「まあ、10人しかいないみたいなんで、われながら長いことやってますね」と中西は大記録を前にしても冷静そのもの。首位追撃に必勝を期す横浜Mに心強い男が帰ってくる。 (荒川敬則)


ジェフ市原(当時。現千葉)に対する愛着は強い選手だったのですが、おそらく、年俸が払えないのが理由だとは思うが解雇となり、あの時はいろいろとありましたが。
移籍しても実力を発揮しています。
近頃は試合に出場機会がなかったそうですが、ドゥトラ選手が出場停止になったため、出場するのではないか、と言われています。

しかし、プロ生活、長いですね。
この厳しい世界でよくやっていますね。
ベテランになっているので、出場機会が少ないのかもしれませんが、今後も活躍してほしいですね。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

W杯はイギリス代表でとベッカムが言っていたが…

オリンピックがイギリス・ロンドンに決まりましたね。
なぜか、予想が当たってしまいました。
5都市のうち、行ってみたかったのが、ロンドンだったので…。
スペインも好きだけど、マドリードだと、サッカーばっかりになりそうで、なんか、ねぇ…。
と思ったので、ウェールズがあったり、ビートルズがらみでリヴァプールなんかもいいなと、思ったのでロンドン(笑)。
(リヴァプールもサッカーですごいことがありましたが…)

シンガポールであった、オリンピック開催地投票に向けての誘致合戦にイギリス代表としてベッカムさんが来ていたそうですが、こんな発言をしていたそうです。

「ベッカムはシンガポール入り後「サッカーの英国代表を見たい」という希望を口にした。現在は4協会に分かれている代表チームを1つにまとめたいという。7年後、37歳になる自身についても「その時引退していたら、また復帰するかもしれないよ」と意欲的だ。もし2つの夢が実現すれば、ロンドン五輪を実現させた功労者ほど、英国代表の主将にふさわしい人物はいないだろう。さあ7年後。「子供たちを五輪に連れていける」と語った3人の子の父親は、やがて来る夢舞台に思いをはせていた。」
ベッカム効果!12年五輪はロンドン(スポニチアネックス)より

現在、ワールドカップでは4協会あるイギリス。
ウェールズやなんやかんやと複雑な歴史がありますからね。
まあ、どこの国でも複雑な話はありますが…。
実現の可能性ってあるのでしょうかね。
私は個人的には今のままでも別にいいのではないかと思いますがね。
なんか、特に、イングランドとアイルランドが合わなさそうですし…。
13世紀の話とはいえ、イングランドはウェールズの言葉を奪っていますし…。
まあ、ウェールズ語は残っていますが。
ちなみにウェールズは英語で「よそ者」って言う意味らしいです。
英語圏から見ての言葉なんですね。
現地では「CYMRU(キムリ)」といって、「友愛」という意味だそうですよ(いつのか忘れましたが、雑誌ナンバーのラグビーの取材記事に書いてありました)。

検索でイギリスについて探していたら、こういうサイトをつけました。


イギリス ウェールズ 思い出し笑い」さん

この方のホームページ内の記事の中で、こういうのがありました。

スコットランド人も、アイルランド人も、ウェールズ人も「イングランド人」ではない

そうですね。
ロックのアーティスト紹介でも「ブリティッシュ・ロック」ですものねぇ。

難しい話ですね。


余談ですが、私はベッカムよりも奥さんのビクトリア夫人がやっていた「スパイス・ガールズ」が好きでした。
アイドルだったけど、アクが強かったので印象に残っていますね。





ソウルフラワーユニオンの曲に「ロンドン・デリー」という曲があります。




よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

なかなか勝てません…

FC東京、なかなか、勝てません…。

東京勝てない…10試合白星なし/J1(日刊スポーツ)
<J1:川崎F0-0東京>◇第14節◇6日◇等々力

 東京は引き分けて、リーグ戦で10試合勝ち星なしとなった。後半に退場者を出した川崎Fに対し、速い攻めで両サイドを崩して何度も好機をつくったものの、ゴール前でミスが目立った。加地は「終盤は冷静さを欠いた。早く1点取って勝ちたいという気持ちが強かった」と反省。試合終了間際、絶好のクロスに反応が遅れて得点を逃した戸田は「決めないといけなかった」と悔しがった。

[2005/7/6/22:29]


そして、”俺たちのトウチュウ”様はこんな記事を。

ハンドでしょ!! 東京悔しいスコアレスドロー(東京中日スポーツ)
アウエーで川崎と対戦したFC東京は、後半に相手が退場して10人になるというアドバンテージを生かせず無得点。J1再開後、2試合連続の引き分けに終わった。横浜Mは日本代表DF中沢佑二(27)の決勝ゴールで首位・鹿島を2-1で破った。鹿島は今季2敗目で勝ち点は32のまま。G大阪はアラウージョ(27)の2得点で広島に2-1で競り勝ち、4連勝で鹿島との勝ち点差を7に縮めた。浦和は7-0で東京Vに大勝し、勝ち点23で3位に。東京Vは2試合連続7失点というJ最悪の連敗を喫した。

■シュート17本

 残り5秒を切った後半ロスタイム。左からのクロスで、FWルーカスと競った相手DFの右手に、完全にボールが当たった。しかし、明らかなハンドを岡田主審が見逃し、直後に試合終了のホイッスルが鳴る。もう10試合も白星がないFC東京のツキのなさなのか。

 また勝てなかった。DF寺田の退場で、後半15分から相手は10人に。シュート数も17対8で圧倒したが、どこか攻め急ぎ、最後の詰めも甘く、ゴールネットが揺れる場面はなかった。


終了直前、ヘディングシュートを狙うルーカス(9)の前でボールがフロンターレ川崎の佐原(中央右)の右手に触れるが…判定はハンドにならず(カメラ・武藤健一)
 しかし、どん底に沈んだ中断前の不調からは脱した。決定機を何度も外したFW戸田は「1点を取れば勝てる試合だった」と悔やんだ。だが、その一方で「結果が出てなくて言いづらいけど、中断前と違って、自分たちの意図したプレーはできた。出し手と受け手だけじゃなくて、全員で裏を取る動きができていた」と強調した。

 これまで相手に流れが傾くと、途端に戦い方がギクシャクしたが、GK土肥も「ちょっとしたことでも、みんなで声を出して、表現できるようになった」という。局面ごとにどう戦うか。苦しい場面でも、その意思統一が図れるようになった。

 次は宿敵ヴェルディとの対戦。原監督は「ヴェルディには絶対に負けるわけにはいかない。ホームでたたく」と語気を強めた。試練の時は続いている。だが、夜明けは間近だ。 (高橋正和)
(以下省略)

トウチュウの写真では明らかにハンドですね。
うわぁ~…。
運、特に審判運に泣かされていますね。

次は東京ダービー。
ヴェルディは守備が崩壊しているんですかね、2試合で14失点しています。
あぁ、今度こそ、ダービーを制して、FC東京に勝って欲しいです。
相手は絶不調でも、侮ってはいけないと思います。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.07 | Comments(2) | Trackback(0) | サッカー

はじめまして。改めまして。

はじめまして。
そして、移転前をご存知の方は改めまして。
cool blue(クール・ブルー)というもので、名古屋出身で広島在住の29歳の女です。

以前も同じコンセプトで、サッカー関係のブログをやっていましたが、使いにくかったので移転してきました。

長い間、サッカーを見てはいるのですが、ぜんぜん、くわしくないですね。
どちらかといえば、サッカーは苦手な分野です。
でも、基本的にはスポーツを観戦するのは好きです。
そんな私にサッカーのことを教えていただきたいなあ、と思い、はじめまして、そして、ブログの使い勝手の問題で移転してきました。

それと、これは移転前に私が答えた、中坊コラムさんからの「サッカーサイト管理人に100の質問」に答えたものです。
自己紹介のひとつとして、読んでみてください。
答えてみた(前編、50問)
答えてみた(後編、50問)

これからもよろしくお願いします。

2005年7月6日
                          cool blue


ちなみに私は他のホームページもやっています。

red hotというペンネームでお笑い中心のホームページ、
PENTREF MOR
と、野球批判やその他、いろいろなことを書いているブログ、
振り逃げプロ野球
をやっています。ちなみに「振り逃げプロ野球」にはもうひとつの入り口があります。
ホームページのほうの「振り逃げプロ野球」

ちなみにこれが移転前の「Bocs Eira」です。
http://blogs.yahoo.co.jp/red_hot_super_yellow

これからもよろしくお願いします。



よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2005.07.06 | Comments(6) | Trackback(0) | あいさつ

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。