スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

「Bocs Eira~雪の箱」は移転します。

お久しぶりです。

唐突ですが、今まで、長い間、サッカーに関するブログをやってきましたが、このほど、移転したいと思います。

移転先は↓のアドレスです。

http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/

私のもうひとつやっているブログ「振り逃げプロ野球」へ移転します。
カテゴリーは「スポーツ」で書きます。
また、ブログ名はのちに変更されるかもしれませんし、しないかもしれません。(中途半端ですみません)

「長い間サッカーを見ている割にはサッカーはくわしくありません。こんな私にサッカーのことを教えてやってください。」
というサブタイトルでしたが、教えていただいた割には、結局は詳しくならずじまいで、申し訳ありません。
今後もつたない知識でサッカーのことを書くとは思いますが、そのときはまた、今までどおり、教えてやってください。

今まで、ありがとうございます。
また、移転先でもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。

スポンサーサイト

2006.12.16 | Comments(0) | Trackback(1) | あいさつ

浦和VSガンバ大阪など

今日はJリーグ関連で話題が多い日ですね。
まずは1位と2位の直接対決、レッズとガンバの対決から。

浦和がG大阪下し初V/J1(日刊スポーツ)
<J1>◇34節◇2日◇9試合◇埼玉スタジアムほか

 優勝を懸けた直接対決は浦和がG大阪を3-2で下し、勝ち点を72に伸ばして初制覇を果たした。C大阪は1-3で川崎Fに敗れて17位となり、J2に降格。甲府と1-1で引き分けた福岡は16位で、J2神戸との入れ替え戦に臨む。C大阪と福岡は勝ち点27で並んだが、福岡が得失点差で上回った。入れ替え戦は6日に神戸ウイングスタジアム、9日に博多の森球技場で行われる。

 川崎Fが勝ち点67で初の2位と躍進。G大阪は同66で3位となった。

 得点王にはこの日2得点の浦和ワシントンとこの日1得点のG大阪マグノ・アウベスが、通算26ゴールで、ともに初の栄誉に輝いた。

[2006年12月2日17時26分]


テレビで見ていましたよ。
途中は見れませんでしたが…。
ガンバは攻撃で押していたけども、守りながらも、スピード勝負にもっていったときはレッズのほうが得点を入れていましたね。
3点差をつけて勝たないといけなかったガンバは不利でしたが、最初、得点を入れたときは興奮しましたね。
残念ながら、点差をつけられず、また、勝てなかったのですが、最後までいい試合をしていたのではないか、と思います。
ヤット(ガンバ大阪の遠藤保仁選手)が出ていましたね。
病み上がりなので、本調子ではなかったのですが、ヤットが入ると雰囲気が変わりますね。
早く本調子になって欲しいですね。
浦和にしてもガンバも昔はJのお荷物チームと言われていましたが、その2チームが今や、強いチームになりましたね。
浦和レッズ、優勝、おめでとうございます。

柏が昇格を決めましたね。
おめでとうございます。

[ J2:第52節 湘南 vs 柏 ](j's goal 写真)

【J2:第52節】湘南 vs 柏:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]

セレッソが降格決定となってしまったり、神戸がアビスパと入れ替え戦をすることになったりと、いろいろありました。
悲喜こもごもです。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。


2006.12.02 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

明日は浦和とガンバ大阪、直接対決ですね

明日は浦和レッズとガンバ大阪の直接対決ですね。

G大阪播戸&遠藤、出撃態勢を整える(大阪日刊スポーツ)
G大阪FW播戸とMF遠藤も11月30日、出撃態勢を整えた。非公開の紅白戦後、西野監督が「遠藤? B(控え組)の方に入れた。播戸? 先発でいける」と明かした。左太もも裏痛だった播戸は「心肺機能に若干不安があったけど、今日でさらに上がってよかった」と充実の表情。ウイルス性肝炎だった遠藤も「息はそんなに上がらなかった。接触プレーの怖さもそれほどなかった」と手ごたえを口にした。

[2006年12月1日9時37分 紙面から]


ヤット(ガンバ大阪の遠藤保仁選手)、無理すんなよ。
ヤットが心配ですが、ガンバ、たいへんですね。
1-0や2-0で勝っても、または引き分けても、優勝は無いようなので、3点歳以上で勝たないといけない。
1-0,2-0で勝っても、ぜんぜんうれしくないなんて、本当にたいへん。
レッズもガンバも悔いの無いよう、戦ってほしいですね。

それにしても明日の競技場は怖そうだな…。(テレビ観戦だからいいが)

ちなみにヤットはルーキーのときは横浜フリューゲルスだった。
ルーキーの年にフリューゲルスは消滅した。
その後は1年間だけ京都パープルサンガ、そして、今のガンバ大阪。
ガンバへ移籍と聞いたとき、
「遠藤は移籍人生なのか」
と思ったけど、ガンバに定着したね。
こう書くと、私はガンバを応援しているように思われかねないが、どちらも応援はしていません。
どちらのチームにも好きな選手はいますので、その選手を応援します。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。



2006.12.01 | Comments(0) | Trackback(0) | あいさつ

ジャーンなど、戦力外をいわれた選手のこと

ジャーン退団 東京で5年間鉄壁を誇ったブラジリアン今季限り(東京中日スポーツ 365日FC東京)
 FC東京のDFジャーン(29)が30日、クラブ側から戦力外通告を受け、今季限りで退団することを明かした。02年から5年間在籍し、東京のDFラインを支えてきたが、今季は故障にも見舞われ、安定性を欠くプレーも多かった。来季の去就に関しては「(J1、J2でも)どこでもいい。日本でやりたい」と、母国ブラジルには戻らず、日本国内で移籍先を探す意向を示した。

 FC東京のDF陣を5年間にわたって支えてきた鉄人ジャーンが、今季限りで退団する。これまでクラブ側と交渉を重ねてきたが、この日、代理人を通じて、正式に来季の契約を結ばないことを伝えられた。練習後のジャーンは「(来季の契約は)ないです。寂しいっすね」と淡々と話した。

 ブラジル代表歴も持つジャーンは02年に加入。空中戦の強さ、ハードマークを武器にセンターバックとして突出した力を発揮し、特に茂庭とはリーグ屈指の鉄壁コンビを誇った。日本語も日常のコミュニケーションにはまったく不自由しないレベルに上達。GK土肥不在のナビスコ杯ではキャプテンマークを巻くなど、チーム内でも存在感をみせていた。

 しかし、今季は開幕前に右ふくらはぎ肉離れで、シーズン終盤には左ひざ痛で戦線離脱するなど故障にも見舞われ、前節までリーグ戦24試合出場にとどまった。浦和戦(26日)ではFWワシントンを封じたものの、安定を欠いたプレーも多かった。今季はチームの失点数も多く、シーズン途中にも「(来季の契約は)厳しいかもしれない」と漏らしていた。

 来季に関しては完全に白紙だが、ブラジル国内ではなく、日本で移籍先を探す見込みだ。リーグ戦の残り1試合と天皇杯は、自らの力を示す大事な舞台となる。 (高橋正和)

 ◆ジャーン(本名ジャーン・カルロ・ウィッテ) 1977年9月24日、ブラジル・サンタカタリーナ州出身。ブルメナウでプロデビュー。その後サントス、バイーアを経て、FC東京には02年に加入した。ブラジルU-20、U-23代表にも選ばれ、99年にA代表でも初選出され1試合に出場。185センチ、76キロ。

(2006年12月1日)


ジャーン…(泣)。
なんか、FC東京のフロントに対しての不信感がより、切実に、私の中に芽生えてきている。
ジャーンは日本になじんでいるし、日本語もできる選手です。
日本に残ってプレーしたいと言っています。
他のチームで欲しいというチームもあると思いますので、活躍して欲しいですね。

名古屋グランパスを戦力外といわれている選手、秋田さんもまだ老ける年ではないと思いますので、どこかのチームでプレーを続けて欲しいですね。

2006~07年 J1人事往来(選手)(スポニチアネックス)

2006~07年 J2人事往来(選手)(スポニチアネックス)

これを見ていて意外だと思うのは柏の宇野沢の戦力外ですね。
まだ、クビにしなくていい選手だと思いますが。
で、ヴェルディの玉乃も戦力外なんですね。
それと、やはりインパクトが大きいのはマリノスの奥大介選手の戦力外ですね。
まだまだできると思うので、活躍を期待したいです。

なんか、今回の戦力外は、いつもにもまして、すさまじいですね。
現役続行希望選手たちの今後の活躍を祈りたいです。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。


2006.12.01 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

横浜FC、昇格

こちらの話題も、遅くなりましたが、フリューゲルスが好きだった私にとって、別チームではありますが、フリューゲルスの消滅がきっかけでできたこのチームがJ1に昇格できたことはたいへんうれしいです。

【J2:第51節 鳥栖 vs 横浜FC 横浜FCレポート】横浜FCがアウェイで鳥栖に勝利し、悲願のJ2優勝を達成!選手&サポーターの歓喜の声が響いた! [ J's GOAL ]

シーズン始まってすぐに監督が交代となり、
「いったい、フロントは何を考えているんだ」
と思ったけど、終わりよければすべて良しではないけど、結果、高木監督でよかったのかな、と。
しかし、申し訳ないけど、高木さんがこんなにできる監督とは思いませんでした。

素さん(横浜FCの山口素弘選手)もいますね。
あのとき(フリューゲルス時代)を思い出しますね。
あんな形のチーム消滅は本当、あってはならないですね。

とにかく、横浜ダービーも復活しますし、J1から落ちないで、強いチームになって欲しいですね。

横浜フリューゲルスの消滅のときに何があったかが書かれている本です。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。






2006.12.01 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

フミさん、引退

このブログでは、たいへん、お久しぶりです。
こんなに期間が開いてしまって、すみません。

【J1:第33節 F東京 vs 浦和 F東京レポート】三浦の花道飾る試合内容。F東京、首位浦和と引き分ける。 [ J's GOAL ]

MF三浦「(文丈コールに)選手みょうりに尽きる」(東京中日スポーツ 365日FC東京)

フミさん(FC東京の三浦文丈選手)のことはマリノス時代から好きな選手だったので、私が長い間注目している選手、今ちゃん(FC東京の今野泰幸選手)やナオくん(FC東京の石川直宏選手)とともに同じチームに集まったので、FC東京を見る機会も増えました。
私の大好きなヒロミ(元FC東京監督、現解説者の原博実さん)が監督を退任せざるをえなくなったため、今年はあまり、見ていませんでした。
そこは申し訳ないなあ、とは思いましたが、持ち味を生かす監督ではなかったので、なんか、イヤだったのもありましたし…。
今年はフミさんはケガなどあって、あまり、見られなかったのも残念でした。

引退なんて、イヤー!!、という気持ちもありますが、本当、ご苦労様です。
今後は若い選手を教えて、選手を育てて欲しいですね。
改めて、本当にご苦労様です。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。





2006.12.01 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。