スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

女子も残念です。

私はちょこちょこしか、見ていなかったのですが、女子も北朝鮮に敗れてしまいましたが、試合を見た人の意見では、「男子より、いい試合をしていた」と書いてあったブログのあったので、女子のほうももう少し、じっくり見ればよかったな…、と反省しています。

なでしこ厳しい…北朝鮮に完敗/東アジア(日刊スポーツ)
<東アジア女子大会:北朝鮮1-0日本>◇1日◇全州

 なでしこも黒星-。日本女子代表が、男子のA代表に続き、北朝鮮の激しいプレッシャーの前に完敗した。前半から、身体能力に勝る北朝鮮に両サイドを中心に押し込まれ、38分に先制点を許した。後半、2度にわたり布陣を変え、最後は3トップにしたが、攻撃の糸口すら見つけられなかった。大橋浩司監督(45)就任後初の国際大会の初戦で、スコア以上に世界の壁の厚さを思い知らされた。

 DF磯崎の唇がゆがむ。MF宮間のFKがゴールの上を越えた瞬間、ホイッスルが鳴り響いた。イレブンは、自分を見失ったかのように、ぼう然とピッチを後にした。エース沢の言葉がすべてを物語っていた。「攻撃はシュートも打てない状態。失点された時間帯が悪い。ミスが2つ重なると失点につながる」。前日、同じ北朝鮮に苦杯を喫したA代表の言葉と重なる。借りは返せなかった。

 スコアも同じ0-1。だが完全な力負けだった。序盤から北朝鮮のハイプレッシャーに苦しんだ。ボランチからビルドアップできず、中盤でボールを失っては両サイドを徹底的に突かれた。FW永里が1トップの4-2-3-1から、後半にFW大谷を投入し4-4-2と布陣を変えたが、トップ下の沢までもが守備に回らざるをえなかった。

 後半37分、FW丸山を入れ3トップにしても攻め手はなかった。シュート数で5-13と圧倒されたが、内容でも決定機は、後半16分MF安藤が右足で放った1本のみ。安藤は「落ち着いて、自分たちのサッカーをやれば。大橋さんに個人の判断で修正しろとよく言われるのに、ドタバタして日本らしいパス回しができなかった」と反省した。

 大橋監督は試合後「個人技術、戦術は修正するのに時間がかかる」と言った。「アテネ五輪8強…でも、その力には達していない」と話す同監督は、自分たちの判断でアクションを起こし、主導権を握るサッカーで世界に挑むことを公言し、選手を鍛えた。しかしアジア最強の呼び声高い北朝鮮の前に、壁の厚さをまざまざと見せつけられた。【村上幸将】

[2005/8/2/10:04 紙面から]


北朝鮮の女子は男子と位置づけが違って、北朝鮮の女子は強豪ですからねぇ…。
その点でも男子が北朝鮮に敗れたのと、女子が北朝鮮に敗れたのでは意味合いも違うような気がします。

まあ、それはともかく、負けたのは残念ですね。
でも、いい試合はしていたようです。

中国の女子…、実力がどれくらいか?、わからない…。
今度もいい試合をして、いい結果、つまり、勝てるといいですね。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

スポンサーサイト

2005.08.02 | Comments(0) | Trackback(1) | サッカー

トラックバック

http://coolblue.blog15.fc2.com/tb.php/23-47448e07

東アジアなでしこも北朝鮮に負ける

1日に行われた東アジア選手権の女子(なでしこ)の初戦は男子と同様に北朝鮮が相手だったが男子より女子の方が北朝鮮チームはランキング的には上らしくなでしこも男子チームよりは北朝鮮を相手に善戦したが1-0で惜敗してしまったが次戦に期待させる試合だったので

2005.08.02 | 芸能&スポーツ瓦版

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。