スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

W杯はイギリス代表でとベッカムが言っていたが…

オリンピックがイギリス・ロンドンに決まりましたね。
なぜか、予想が当たってしまいました。
5都市のうち、行ってみたかったのが、ロンドンだったので…。
スペインも好きだけど、マドリードだと、サッカーばっかりになりそうで、なんか、ねぇ…。
と思ったので、ウェールズがあったり、ビートルズがらみでリヴァプールなんかもいいなと、思ったのでロンドン(笑)。
(リヴァプールもサッカーですごいことがありましたが…)

シンガポールであった、オリンピック開催地投票に向けての誘致合戦にイギリス代表としてベッカムさんが来ていたそうですが、こんな発言をしていたそうです。

「ベッカムはシンガポール入り後「サッカーの英国代表を見たい」という希望を口にした。現在は4協会に分かれている代表チームを1つにまとめたいという。7年後、37歳になる自身についても「その時引退していたら、また復帰するかもしれないよ」と意欲的だ。もし2つの夢が実現すれば、ロンドン五輪を実現させた功労者ほど、英国代表の主将にふさわしい人物はいないだろう。さあ7年後。「子供たちを五輪に連れていける」と語った3人の子の父親は、やがて来る夢舞台に思いをはせていた。」
ベッカム効果!12年五輪はロンドン(スポニチアネックス)より

現在、ワールドカップでは4協会あるイギリス。
ウェールズやなんやかんやと複雑な歴史がありますからね。
まあ、どこの国でも複雑な話はありますが…。
実現の可能性ってあるのでしょうかね。
私は個人的には今のままでも別にいいのではないかと思いますがね。
なんか、特に、イングランドとアイルランドが合わなさそうですし…。
13世紀の話とはいえ、イングランドはウェールズの言葉を奪っていますし…。
まあ、ウェールズ語は残っていますが。
ちなみにウェールズは英語で「よそ者」って言う意味らしいです。
英語圏から見ての言葉なんですね。
現地では「CYMRU(キムリ)」といって、「友愛」という意味だそうですよ(いつのか忘れましたが、雑誌ナンバーのラグビーの取材記事に書いてありました)。

検索でイギリスについて探していたら、こういうサイトをつけました。


イギリス ウェールズ 思い出し笑い」さん

この方のホームページ内の記事の中で、こういうのがありました。

スコットランド人も、アイルランド人も、ウェールズ人も「イングランド人」ではない

そうですね。
ロックのアーティスト紹介でも「ブリティッシュ・ロック」ですものねぇ。

難しい話ですね。


余談ですが、私はベッカムよりも奥さんのビクトリア夫人がやっていた「スパイス・ガールズ」が好きでした。
アイドルだったけど、アクが強かったので印象に残っていますね。





ソウルフラワーユニオンの曲に「ロンドン・デリー」という曲があります。




よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

スポンサーサイト

2005.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。