FC2ブログ

Jリーグも構造硬直化か?

スポーツを見るうえで参考にさせてもらっているブログ「SEABLOG」さんのブログに愛媛FCに対する、Jリーグ鈴木チェアマンの言葉が載っていました。

Jリーグも同じ道?(鈴木チェアマンの論理)

この「SEABLOG」さんがつけた題名は思いっきり硬直しているプロ野球界と比較して出てきた言葉だと思います。
Jリーグはプロ野球界に比べればはるかにましな組織だとは思いますが、鈴木チェアマンの言葉は資金繰りがたいへんなことがうかがえる中でもJFLの首位でいる愛媛FCに言うことではないですね。
やはり、いい、悪いは別として、前の川淵さんが強烈な指導力を発揮していたころの「機動力」を感じませんね。
Jリーグもある程度の地位を築いて(もっと、強く、大きくなるべきだと思うけど)、それに甘んじたい、という感じがする、消極的な態度ですね。
このブログの記事にコメントをされた方も言っていましたが、鈴木チェアマンの発言は謝罪する以前に、
「何で、「プロとして恥ずかしくないチームに来てもらうのが望ましい」という発言が出たのか?」
を明確に説明して欲しいですね。
こんな態度では新しいチームをつくり、トップのリーグへ行こうとする意欲を削いでしまいますよ。

プロ野球と同じ道を歩みたくないのならば、今すぐ態度を改めて、原点に戻って欲しいですね。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

スポンサーサイト



2005.08.20 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

Resent entries