スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

オフサイドはなぜ反則か

私がもう一つ持っているブログ「振り逃げプロ野球」から、そのまま、アップします。

オフサイドはなぜ反則か

「こんな記事を発見した。

オフサイドはなぜ反則か」(「松岡正剛の千夜千冊」より)

これは中村敏雄さんの「オフサイドはなぜ反則か」を松岡正剛さんが紹介している記事ですが、オフサイドと言うルールを理解できていなかった私はこれを読んで、少し、オフサイドの存在理由がわかりました。

オフサイドの基本は、

「オフサイドとは相手のプレイヤーがいないところに位置する味方のプレイヤーがボールを受け取ってはならないというのが原則」

だそうです。
フットボール系(ボールを使って、敵、味方が同じグラウンドで入り混じってする競技の総称)のスポーツによっては少々違ったり、バスケットのようになかったりします。
(松岡さんは書いていませんが、ハンドボールもオフサイドはありませんよ。ハンドはやはり、マイナーなのか…。読んでいて少し寂しかったですが、まあ、愚痴っても仕方ないですが…)

サッカーとラグビーでオフサイドの差異を説明されていました。

「サッカーでは、ゴールキーパー以外の相手チームの誰よりも相手ゴールラインの近くにいて、そこで攻撃側プレイヤーが後方からパスされたボールを受け取った場合、このプレイヤーはオフサイドにあるということである。
 このため両チームはつねにゴールラインとの「見えない平行線」が刻々変化していることを意識しながらプレーをすることになり、この複雑性がサッカーを極端におもしろくさせているわけである。しかもオフサイド・トラップのような高度な作戦も生まれていくことになった。
 ただし、ラグビーのオフサイド・ルールはさらにさらに複雑で、そこがぼくをしてサッカーよりもラグビーに熱狂させている理由なのである。たとえばサッカーではオフサイドはハーフウェイ・ラインより前方の相手方エリアだけに適用されているのだが、ラグビーでは敵味方の両方のエリアに適用されているし、そこにはアンウィルフル・オフサイド、リメイン・オフサイド、10ヤードルールなどの特別ルールがあって、見た目にはきわめて野性的なプレイヤーたちが、これらを瞬時に判断していくラグビーの知的な魅力がここらあたりにもあるということになる。」


ラグビーがお好きな方なので、その点を踏まえて読んでください。

そういえば、ラグビーはそうですね。
なるほどと思いました。

オフサイドの概念の話では、「ボールゲームは4タイプある」と説明されています。

「①二つのチームが交じり合って競技するサッカー、ラグビー、バスケット、アメフト、ホッケー、アイスホッケーなど、②ネットを挟んで交互にサーブをおこなうテニス、卓球、バレーボールなど、③交互に攻守を変える野球、ソフトボール、クリケットなど、そして、④ボールを一人一人が別々にホールに入れていくゴルフなどである。
 このうちのゴルフはチームプレーがないので除外したほうがいいのだが、オフサイドを適用しているのは①だけである。つまり両チームがボールを求めて入り乱れる競技にこそオフサイドは発生していった。
 これは納得がいく。野球のように表裏があるゲーム、テニスや卓球のようにサイドが決まっているゲームでは、そもそもサイドを問題にする必要がない。サイドが入り乱れるからこそ、オフサイドの概念がいる。」


敵、味方を同じフィールド内で、入り混じって戦う競技には確かに必要ですね。
オフサイドは「サイドの乱れを整える」意味があるんですね。

で、民族間の価値観の違いもあるのではないか?と指摘しています。

「ところが、このなかでバスケットだけはオフサイドを消滅させたゲームなのである。ゴール下に待っていて、ロングパスを受けたプレイヤーが身を躍らせてダンク・シュートをしてかまわない。アメフトもボールがインプレー状態に移される時だけにオフサイドが成立するという限定ルールになっている。
 ということは、オフサイドはイギリス型のサッカーやラグビーに緻密に発生し、アメリカ型のバスケットやアメフトにはきわめて甘くなっているということになる。
 このあたりの理由を考えていくと民族文化の表現のありかたがいろいろ議論できておもしろいのだが、たしかにアメリカがつくったスポーツは、アメフトもプロレスもそうであるが、たとえ「やばいプレー」でも、それが見事に“完遂”されている場合は喝采を受けられるようになっている。アメリカでは「やり抜く」ことのほうが評価の対象なのだ。
 けれどもイギリス型のスポーツは「やばいプレー」は称賛されないし、とくに「汚いプレー」は軽蔑される。少なくともかつてはそうだった。そしてラグビーは、その「汚いプレー」を超越しながらエキサイトできるルールのほうへ発展していった究極のボールゲームだったのである。本書が縷々説明しているオフサイド・ルールの歴史も、この「汚い待ち伏せ」をどのように撤廃するかという一点で発展してきたものだった。」

(また、言うのもなんですが、ハンドボールもオフサイドはないです)

イギリス型とアメリカ型のスポーツの違いはあるような気がしますね。
イギリス型のスポーツはオフサイドに厳しい、アメリカ型はオフサイドに甘い。
しかし、ここに私なりの考え方をひとつ入れさせてもらいたい。
私が( )の中で2度、ぼやいた、オフサイドのない、もうひとつのスポーツ、ハンドボールのことなのですが、ヨーロッパ各地をハンドボールを中心に回っていらっしゃる、私が尊敬し、うらやましくも思っているハンドボール好きなオイローパさん(このブログのリンクにもある「Hurra! Handball in EUROPA」というブログをやっていらっしゃいます)が、以前、こんなコメントを書いていらっしゃいました。

「ハンドボールファンの支え、スポーツイベント社」に対する、オイローパさんのコメント

「世界にはどのくらいのハンド専門誌があるのでしょう?
 これまで、少なくとも20種類の専門誌を購読してます(クラブの雑誌も含めて)。
 面白いのは、英語で書かれているのは国際ハンドボール連盟発行のものだけなんです。
 これはドイツ語とフランス語の3ヶ国語で併記されていますが、それだけ英語圏は盛んではないのですね。」


イギリス、アメリカともに「英語圏」ですね。
ハンドボールが盛んではないと思われます。
ヨーロッパで盛んで、英語圏(イギリスもヨーロッパだけど、英語圏なので、今回は省きます)で盛んではないハンドボールはアメリカで盛んなバスケットボールのようにオフサイドが存在しない。
バスケットボールとハンドボールの共通点は、
「ボールをつきながら、動く(ドリブル)」
という点です。
ボールを地面について、3歩(バスケ)、ないしは4歩(ハンド)以上歩いてはいけないルールのあるスポーツにはオフサイドは存在していません。
英語圏のアメリカのバスケと英語圏以外のヨーロッパで盛んなハンドはともにオフサイドのないスポーツ。
なんか、興味深い話です。
民族的問題以外の要素もあるような気がします。

ただ、民族的違いも、もちろん、あると思います。
サッカーラグビーでとっても、イギリスではイングランドがサッカー、他のウェールズやスコットランドはラグビーが盛んです。
また、イギリスに特別な感情がありそうな国、オーストラリアやニュージーランドはラグビーが盛んな国です。
サッカーとラグビーの差異の原因はそこにもあるような気がします。

意外と複雑な話になりましたが、話を戻すと、松岡さんの言葉の、

「汚い待ち伏せ」

をオフサイドと採ることの意味合いがあるので、オフサイドは優れたルールだといえる、ということですね。

松岡さんの記事は勉強になりました。
そして、オフサイドの存在理由がわかりました。
これで、オフサイドのあるスポーツが少し、見やすくなったなあ、と思いました。

松岡さんが紹介されていた本です。
私は読んだことがないので、読んでみたいですね。
でも、今は読みたい本が多くて、図書館で多く注文しているので、後になりそうですが…。


私が中村敏雄さんの本で買ったのはこの本です。
この人の本も勉強になります。


よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

スポンサーサイト

2005.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。