スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

これで監督のせいにはできないなあ

昨日、こういうことを書いたのですが、ガーロ監督、解任されましたね。

ガーロ監督 電撃解任 後任に倉又U-18監督(東京中日スポーツ 365日FC東京)
FC東京は14日、成績不振を理由に、今季から指揮を執るアレッシャンドレ・ガーロ監督(39)の解任を決めた。クラブ史上初の外国人監督は、わずか半年間の短命政権に終わった。シーズン途中での更迭もクラブ初。後任には、昨季までトップチームでヘッドコーチを務めていた現FC東京U-18の倉又寿雄監督(47)が就任。同時に同U-15深川の長澤徹監督(38)をヘッドコーチ、下部組織の國保塁フィジカルコーチ(29)も昇格させ、昨季までのスタッフで後半戦での巻き返しを図る。

 前半戦を6勝8敗3分の低調な成績で折り返したFC東京。14日までに椿原社長、村林専務、鈴木強化部長が協議を重ねた結果、ガーロ監督、霜田ヘッドコーチ、クリスチアーノ・フィジカルコーチを解任し、現場スタッフを一新する“荒療治”で、後半戦に向けた立て直しを図ることになった。15日の練習前にも選手、スタッフに伝えられる見込みだ。

 クラブ初の外国人監督として、今季から指揮を執るガーロ監督はポゼッションサッカーを旗印に掲げ、昨季までの縦に速いスタイルからの変革を目指してきた。

 しかし、ナビスコ杯は1勝もできずに予選リーグで敗退。リーグ戦は勝ち点21で12位に踏みとどまっているものの、W杯での中断期間が明けてからの5試合でわずか1勝。広島、浦和には最悪の内容で2連敗を喫した。

 単に成績が低迷しているだけでなく、監督の目指すスタイルはほとんどチームに浸透させることができなかった。自ら主導権を握るサッカーを目指しながら、相手に合わせたマンマークの指示や、突然の3バックへの変更。また監督とのコミュニケーション不足も目立ち、意図が伝わらずに戸惑う選手も多かった。チーム内は一致団結したムードとは程遠い状況で、後半戦を新たな体制でスタートを切ることが決断された。

 倉又新監督、長澤新ヘッドコーチは、昨季まで大熊、原の両監督を支えてきたスタッフ。チーム内も熟知しており、この緊急事態には適材。契約期間は半年間の見込みだが、チームの立て直しのためにトップチームに戻すことになった。

    (高橋正和)
(以下省略)

倉又さんはわかるんだけど、長澤さんはずっと、育成関係にいてほしかったなあ、と思いました。

この記事によればガーロは統一性のないやり方をしていたようですね。
これでは戸惑うかな、と。

今回の解任に関してはFC東京サポの方々は思ったよりは冷静な反応のされているなあ、と思いました。
今回の解任はガーロにも至らない面はあったにせよ、監督ばかりのせいではない、という意見を多く見ました。
やはり、FC東京のサポの方々は成熟された方が多いなあと思いました。

今回のこの題名はFC東京のフロントと一部のFC東京のサポーターとファンの方たちに対する私の率直な感想です。
少なくとも、選手から、監督批判は聞こえてこなかったので。

むしろ、今後、監督のせいにできなくなったときに真価が問われると思います。
大分トリニータのケースのようなことは稀(まれ)です。

シャムスカ監督(大分トリニータ)(「中坊コラム」さんより)

明らかに前の監督に問題があり、そのあと来た監督がよかったというケースはあまり無いように思います。
シャムスカさんほどの監督がそんなに簡単に獲れるとも思えませんし…。

まあ、前回も書きましたが、私は、
「選手を活かせない監督はすぐに辞めろ」
的意見しか持っていない、無責任な人間ですが…。
「私の好きだったフリューゲルスはもう無いのよ。応援するチームが消滅していないだけマシじゃない」
という、「それを言われたらおしまい」的なことしかいえませんが…。
とにかく、新たに船出したわけだし、まあ、フロントの責任問題はあるとは思うので、その辺はちゃんとやるべきだと思うが(3年以上前と、2年位前からとでは、フロントに大事な人が1~2人くらい、いなくなったのではないかと思うくらい、フロントがおかしくなっているような気がするが…)、前を向いて歩むしかないですね。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2006.08.15 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

FC東京サポではないんですけど、心配です

たいへん、お久しぶりです。
近頃は余裕がなくて、更新できませんでした。
今後もその状態が続くとは思いますが、どうか、見捨てないで下さいね。

以前、ここで何度か、今ちゃん(FC東京の今野泰幸選手)やナオくん(FC東京の石川直宏選手)の話題をさせてもらいました。
ヒロミ(現在は天職(笑)の解説者、原博実さん)がFC東京の監督を退くこととなったときは、
FC東京をJリーグのサッカーチームの中で一番、気にするようになったのはナオくん(石川直宏選手)や今ちゃん(今野泰幸選手)と注目していた選手が偶然、同じチームに入ったのもあるのですが、偶然、好きな解説者であるヒロミが監督だったのも大きいです。
ブログで自分の注目している選手のことなどを書いて、私のブログにコメントを書いてくれる方たちもいて、そういう出会いもあって、楽しくサッカーを見れました。
自然とFC東京のことを書く機会が多くなりました。
ヒロミのサッカー感はシンプルで、話もシンプルで、まどろっこしいサッカーが苦手な私には人間らしくて、シンプルなヒロミは好きな監督でした。
そのヒロミがやめてしまうというのはたいへん残念です。
せっかく、出会ったFC東京サポやファンの方もいるのですが、監督がヒロミじゃないFC東京を、今は、あまり見る気がしません。
次に来られる監督がいい監督だったらいいのですが…。
いい監督であっても、今までのように「一番気になるチーム」であり続けるのか?、あまり、自信がないですね。

と書いたのですが、
「次に来られる監督がいい監督だったらいいのですが…。」
と書いたのですが、なんか、サポと監督の間がしっくりいっていないようですね。
私はFC東京のサポでもファンでもないので、えらそうなことは言えないのですが、外から見ている人間として、また、応援している選手が多くいるチームであるので、思うことがあるので、言わせていただきたいのですが、ヒロミが退任する際、
「いい選手はどんな監督でもいい選手」
と言っていて、私もその意見に賛成なのですが、今回はその範囲を超えているのかなと。
サポの中にはそう思っている人もいるのかな、と思いました。
私個人として一番で最大の不満が、
「今ちゃんを活かしてくれていない」
ということです。
今ちゃんの持ち味がガーロ監督になってから、発揮されていないように思うのです。
あまり、チームのことを見ていないので、なんとも言えませんが、これは今ちゃんに限らず、他の選手にもそういえるのではないでしょうか。
持ち味を活かせなかったら、チーム自体が運営できませんよね。
持ち味を活かせない、育てない監督ならば、早く辞めて、他の育てる才能のある監督を呼んできてほしい、と、サポでもファンでもない、外野の人間である私は思うのです。
FC東京のサポやファンには申し訳ないのですが、
「私の好きな選手が育ってないじゃん!!」
というのが、私の大きな不満です。

FC東京は今期、徳永(悠平)選手や小澤(竜己)選手や伊野波(雅彦)選手など、日本の選手はいい選手を獲ってきているのに、外国人選手はここ2年ばかし、新しい選手はいい選手が獲れていない(ササはタイミングが悪かっただけかもしれませんが)。

大熊(清)さんやヒロミが長い間かけて、築いてきた魅力的なチーム。
観客動員数も伸びた。
しかし、このままでは観客が減りかねない。
スポンサーも離れかねない。
フロントはこのことをどう思っているのだろうか?。
私はこのチームのフロントはもっとできるフロントだと思っていたのに残念だ。
この緊急事態に東京ガスの人であり続けている大熊さんを日本代表のコーチに送り出している。
危機管理のなさを嘆いているサポもいました。

監督がどうであれ、選手もやる気を出して、サポにアピールをすればいい、といいますが、サッカーは大人数でやっているスポーツなので、全員がそう思ってやるということを期待するのが難しい面もある。
サポも納得のいかない状況の中、同じ強い意志を持って、チームを批判するのではなく、選手を鼓舞してほしいけど、みんな同じ気持ちになることは難しいでしょう。
かといって、フロントや監督や選手やサポに責任を押し付けるのも、とも思う。

去年と同じように、ケガ人が多く出て、勝てない試合が続いているのだが、去年とは雰囲気がぜんぜん違う。
去年は寄せ書きをしたけど、今年はそういう雰囲気を生み出せない。

「新しい監督が結果を残せない」
だけで不満をいうサポではない、ということは去年の行動でわかります。
そう思えない、そういう関係性になってしまったことが残念です。
ガーロ監督の場合は就任して間もないときから、なんか、サポとか一部マスコミとはうまくいっていないなあ、とは思っていたのですが。
ビジョンが見えない、まじめだとは思うけど、伝わってくるものがない、とか、いろいろあるようですね。

何とか、打破してほしいなあ、と思いますね。
「今ちゃんの持ち味を出せない監督はさっさと辞めて」
程度の意見しかない奴には言われたくないと思っている、サポ、ファンもたくさんおられるとは思いますが…。
でも、本当、何とか、今の状況を打破してほしいなあ、と思いますね。
私はサポでもファンでもないけど、FC東京って、気に入っているクラブのひとつだったので…。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2006.08.14 | Comments(2) | Trackback(0) | サッカー

炎天下の2試合、それが真相かい!!

今回のエントリーは、私がもうひとつ持っているブログ「振り逃げプロ野球」から、一部を除き、そのままアップします。

炎天下の2試合、それが真相かい!!
「私が、今日(2006年6月24日)にエントリーした「2006年の日本代表のW杯は終わってしまいましたが」(「Bocs Eira~雪の箱」の中では「http://coolblue.blog15.fc2.com/blog-entry-91.html」です)の中で、

「それと、なぜ、炎天下で2度も試合をすることになったのだろう。
まあ、運が悪かったのかなあ、と思うけど、それも少し、不思議だったかなあ。」

と書きましたが、SEABLOGさんのエントリーのこんなのがありました。

ワールドカップの敗戦を演出した日本のテレビ局(「SEABLOGスポーツ」さんより)

おいおい、日本のテレビ局の都合かよ。
加納秀益さんが「あと、クソ暑い中で2試合もさせた○通は、どう責任をとるのだろう・・・!」と書いていたのはそれが真相だったのですね。
視聴率優先で炎天下でやらせるのかよ、と。
相手チームも同じ条件でやっているけれども、日本だけでなく、相手チームにとっても「炎天下試合」は避けようと思えば避けられた試合、ということなのですね。
「避けられた」というか、日本のメディアが「炎天下」を避けさせなかったんだけど…。
また、さらにがっくりしたよ。
日本のマスコミは本当にどうしょうもないね。
あきれて言葉も出ない。」

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2006.06.24 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

2006年の日本代表のW杯は終わってしまいましたが

今回のエントリーは私がもうひとつやっているブログ、「振り逃げプロ野球」で書いたものをそのままアップします。

2006年の日本代表のW杯は終わってしまいましたが
「正直、がっくりしました。
ブラジルに1-4で負けたと知ったのは、朝起きてから。
1日中、調子が出なかったですね。
仕事のほうにも影響がでましたし。
まあ、いつもはもっと、この時間帯は寝ているので、いつもの時間になるまで、寝ていればよかったのですが、どうも、目が冴えて、2度寝ができなかった。

まあ、今回の場合は選手が悪いとは思えないし、サッカーをやる環境が整っていなかったと思いますね。
采配にも選手の人選にも問題はあったと思いますが、それ以前に監督を選ぶ段階から問題があったとは思います。
また、選んだ人への責任の追及はなされるのか?、ということも気になります。
ただ、私はジーコは嫌いじゃないし、言っていることや方針は間違っていなかったとは思います。
それに、代表監督以前は、鹿島アントラーズの前身のチームから現役でプレーし、その後も鹿島アントラーズにかかわり、鹿島アントラーズを強いチームに作り上げたのはジーコだと思うし。
世界的でブラジルの英雄であるプレイヤーのジーコが日本のサッカー界に来たこと自体が奇跡のように思えましたね、当時は。
ジーコの日本サッカーへの貢献があってこそ、今の日本サッカー界があると思うし、今回のことは不満もあるし、環境を整えなかったことは批判されるべきことだとは思うけど、今までの貢献までも「ゼロになった」とは思わない。
今までも貢献には私は感謝したいと思う。
ジーコはもともとは代表向きではなく、クラブチームにかかわることのほうが向いていたのではないかと思う。
母国、ブラジルの帰るのかどうかはわからないが、ブラジルに帰ったら、あるいは新しい土地、また、日本のかかわるかどうかはわからないにしろ、今度は自分に向いている活動をしてほしいと思う。
個人的にはチームを自分のやり方でしばるような感じでやっていたトルシエよりも「自由」というのをかかげたジーコのやり方が好きだった。
ただ、選手たちはそれを見守る日本人の多数をおそらく、「自由」の本当の意味を履き違えていたのではないか、と思う。
岡田斗司夫さんの「30独身女 どうよ」という本があって、これは恋愛、結婚に関する本だけど、恋愛は結婚以外でも当てはまる「自由」に関する話が書いてあった。
「「自由」というのは不安定である。しかし、束縛はない。だから、不安にかられる。
「自由が無い」というのは「束縛」はあるけど、「安定している」ということで、不安は無い。
 なのに、「自由」にされているときは不安定なので、「不安定」であることに不満を感じて、「束縛してくれ」と不満を言い、それに応じて束縛すれば、今度は「自由が無い」といって、不満を言う。
じゃあ、どうすればいいんだ。」
というような内容のことが書かれていました。

「自由」=「束縛が無い」=「自分(たち)で考える」=「自分(たち)に責任がある」=「不安定」

「不自由」=「束縛がある」=「相手の指示を待つ」=「自分(たち)に責任が無い」=「安定」

ということが世の中の摂理であること理解している人は驚くほど少ない。
ジーコがいう「自由」というのは上記で書いたことであり、選手たちはこの状況でどう動くかは自分たちで感じて、自分たちで動くことなのである。
これを以前から実践しているのはヒデ(中田英寿)くらいだと思うね。

すべてがこの単純さではないにしろ、大筋はこの摂理で世の中は動いていると思う。
あえて単純に書くならば、
「束縛されるのがイヤなら、不安定だけど、自由を喜べ」
「不安定なら、束縛されることを喜べ」
であり、自分にはどういうのが合うかすら見極めようとしない人ばかりである、と、私は思う。
マスコミも選手もそして、日本代表を応援する人たちの一部にも、このことをわかってほしいと思う。

そんな中、興味深いブログを書かれた方がいる。
元Jリーグの選手だった、元浦和レッズの加納秀益さんである。
この方は今、「グローバルコンサルティングジャパン」というのを設立してやっているようなのだが、よくわからない。
また、私の不勉強さもあって、現役時代のことは知りません。
私のこのつたない知識の状態ではありますし、そのことは申し訳ないと思うのですが、今回、私の意見に合うことを元プロのサッカー選手だった方が書かれていたので、紹介したいと思ったので、書かせていただきます。

ブラジル戦を終えて【所感】(「元JリーガーのエンジョイフットサルBlog」 加納秀益さんのブログ)

「ジーコ監督を批判するのであれば、ジーコを代表監督に決めた川渕さんを批判するのかと言うと全く批判できない・・・、というか全く頭が上がらない!

とおっしゃっていますが、そのとおりだと思います。
川淵氏を批判している人は確かにいないなあ、と。
それと、なぜ、炎天下で2度も試合をすることになったのだろう。
まあ、運が悪かったのかなあ、と思うけど、それも少し、不思議だったかなあ。

それと、こんなことも書かれていました。

「Jリーグ開幕、日本W杯開催と夢を見させてもらったまま、夢から醒めることが出来ず、日本のスタイルを確立して来なかった。

この問題は、代表の問題と言うよりクラブのユースや下部組織の指導者の問題でもある。

『将来を考えるなら子供のことを考えよ!』
この考えは世界の常識ですし、サッカーに限ったことではないと思います。

日本のサッカー指導者の多くがゴールデンエイジ(13歳以下)と呼ばれる子供たちにサッカーを指導する事が出来ない!という問題があります。

そんなバカな!と思う方やサッカー関係者もいると思いますが、真実です!

原因は、まず指導者がサッカーというスポーツを理解してないで、子供たちにサッカーを指導出来るはずがない。

「サッカーは11人対11人でゴールの中にボールを入れあうゲーム」なのは、誰が見ても分かる。
しかし、サッカーは『コミュニケーションのスポーツ』であり、『仲間のミスをカバーするスポーツ』であり、『仲間でするスポーツ』だと理解している指導者は少ない。

サッカーは、ミスが多いスポーツです!あのロナウジーニョでさえミスは多いのです。※日本のようなイージーミスはないです!チャレンジしたミスのことです。

子供たちには、ミスを恐れずチャレンジ(勝負)させることが大切であり、ミスをしたとしてもミスをサポートする仲間いること。仲間に感謝をすること。
こんな単純なことが理解できず、ミスをした子供を罵倒して、チャレンジする大切さを教えずに、試合の結果だけを重視する指導者が未だに多い。

だからこそ、ジーコ監督が言うように『10歳以下の大会をなくす』のは、日本にとってショック療法となり、効果があると私も思う。」


そのとおりだと思う。
これが日本のサッカーの、また、サッカーに限らず、いろんなスポーツの現状だと思う。
また、ジーコが、
「10歳以下の大会をなくしたほうがいい」
的発言をしていたことは、はじめて知りました。
この意見に賛成ですね。
加納さんも書かれているように、若い選手を教えられる指導者はいないし、サッカーを理解している指導者はいない。
ただでさえ、ミスが出るスポーツなのに、子供にすら、勝つことを強要し、ミスをなじるなんて、最悪である。
そんなんじゃ、伸びるものも伸びないよ。

私の意見としては国が早く「スポーツ省」を作るべきだと思う。
そして、やることは、

1.小、中、高、大学から、あらゆるスポーツの部活を廃止させる。

2.競技ごとにひとつの協会にまとめさせ、それを管理する。
  方針を守らないものは援助金を出さず、世界大会に出させない。

3.指導者は指導者だけで生活できるようにし、そのかわり、指導者には医学的な最低限の知識を身につけさせ、ライセンス取得を義務付ける。

4.指導者の行動で明らかに良くないこと(暴力や体に良くないことの強要など)があった場合はそれを通報できるような機関を作ること。
  そして、指導者を管理すること。

など。

選手は、「自由」=「束縛が無い」=「自分(たち)で考える」=「自分(たち)に責任がある」=「不安定」という感じでいいと思うけど、指導者はある程度、規則でしばったほうがいいと思う。
いずれにせよ、上からものをいう立場なのだから、暴走を止める処置として、上記の拘束があったほうがいいと思うし、これをしたら、日本のスポーツ界は飛躍すると思う。
メダルばかり期待しないで、メダルと期待するのであれば、それに見合う、環境を与えてほしいね。

日本は外交べたといわれているけど、これは昔から、
「広報を軽視している」
日本の体質に問題があると思う。
情報を出すと、それがどう伝えられ、どういう感じで伝わるか、ということにもう少し、関心を示すべきだと思う。
スポーツだって、こうやって世界大会をしたりと、広報的重要な役割のひとつを担っていると思う。
日本にスポーツやスポーツの概念が根付いていないひとつの要因はここにもあると思うよ。
特にサッカーなんて、世界的人気スポーツで、この広報的役割はたいへん、絶大だと思う。
その辺の重要性をわかっていたら、こんな環境でスポーツ選手をやらせないと思うけどね。

まあ、サッカーの日本代表の結果は残念だったけど、サッカーの大会は今後も続くわけだし、問題点もいっぱいあったのだから、それを考え、克服し、新たに、日本のサッカー会の発展のために力を尽くしてほしいですね。
それには国民の理解と具体的なバックアップが必要だと思います。」

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2006.06.24 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

獲ってよかった

たいへん、お久しぶりです。
余裕がなく、コメント返しが遅れておりますが、いつか必ず返しますので、もう、しばらくお待ち願えると幸いです。

現在、川崎フロンターレからレンタル移籍中で、アビスパのレンタルから、柏へのレンタル移籍をした(ややこしい…)岡山一成選手の話をしたいと思います。

まずは、川崎フロンターレサポの方のブログの「岡山一成選手の取扱説明書」がありましたので、まずはそちらのほうを読んでみて下さい。

【フロンターレ科ノブリン属・一年草(レンタル)】「オカヤマカズナリ」の育て方説明書(「ふろんたーれどっとねっと。」さんより)

現在、「柏に家 買っちゃえ」などのゲーフラをたてられるほど、柏レイソルのサポーターに愛されている岡山選手。
柏のサポーターの方のホームページを拝見すると、いろんなゲーフラが。

16節 vs仙台(「中野太陽会」さんより)

岡山選手以外のゲーフラも面白いので、こちらもリンクします。

日立台ゲーフラコレクション(「中野太陽会」さんより)

どなたのブログかは忘れてしまったので、申し訳ないのですが、誰かが、
「柏のサポーターは感覚がパンクだ」
といっていたのですが、確かにそんな感じですね。

岡山選手、柏レイソルのサポとはいい相性のようです。
サポの方々は岡山選手に「完全移籍してほしい」と思っているようです。
ただ、彼は川崎フロンターレに籍を置いている選手で、川崎フロンターレのサポにも愛されている選手なので、川崎サポが簡単に渡すとは考えられませんが。
まあ、最終的には本人が決めるとは思いますが。

ただ、そんな、誰からも愛される岡山選手ですが、なぜか「某」九州のとあるチームにいたとき、そのとあるチームの一部のサポとは、どうも相性が悪かったようですね。
これも、どなたのブログかは忘れてしまったのですが、
「サポーターを大事にするイメージのある岡山選手ですら、怒ってしまうほどのことがあったのだろうか?」
と、そのとあるチーム時代の岡山選手と当時所属していたチームのサポとのいざこざに心を痛めている様子でした。
ただ、私の推測では、原因はこのことだったのではないかと思います。

■[soccer]おそるべし オカヤマカズナリと柏サポ(「fs Log」さんさんより)

そのチームにいた時代、彼の特徴である「トラメガ」が使えなかったようです。
これは彼とサポーターの気持ちをひとつにする夢の道具(!)であるのに、それが使えなかったため、その当時のチームのサポとの誤解を埋める機会ができなかったのではないか、と思ったりもしました。
岡山選手は本当は仲良くしたかったのだと思いますしね。
チームが禁止したなら、それはチームが悪いと私は思います。
まあ、確かにトラメガは他のチーム(確か発祥は川崎フロンターレで、岡山選手がやる前からやっていたと思われます)がやっていたことだけど、これを選手とサポをつなぐものとして、有効に使えばいいのにね。

まあ、「一年草」で「ノブリン属」(石崎監督が監督になれば、おのずとついてくる)である岡山選手。
今後は柏に骨をうずめるか、川崎に帰るか、それとも、他のチーム(主にJ2)に行って、「昇格請負人」としてのサッカー生活を送るか?。
どうなるかはわかりませんが、その明るいキャラクターで今後も周りを幸せにしてほしいなあ、と思います。

よろしかったら、私のブログに1票、お願いします。

2006.06.11 | Comments(0) | Trackback(0) | サッカー

«  | HOME |  »

Resent entries



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。